ミャンマー滞在中に受けておくべき予防接種を御紹介します。すり傷、切り傷で発症する可能性がある破傷風、ミャンマー現地の感染者が多いB型肝炎はワクチン接種で効果的な予防が可能ですので、現地の方も接種しています。しかし、狂犬病に関しては噛まれてから接種しても変わらないのでしょうか?実際は、事前にワクチン接種することによって抗体ができる為、噛まれた後に2回ワクチンを接種するだけです。しかし、噛まれてからワクチンを打つ場合、抗体が当然ありません。傷口に血清(抗狂犬病ガンマグロブリン)を打ち、狂犬病ワクチンを計5回打たなければなりません。この血清はミャンマーでは手に入り難く、時期によっては全くありません。ヤンゴンで長期滞在のリスクを考えますと事前に狂犬病ワクチンを打つことをお勧めします。計4回接種後、5年毎に1本打つことで持続します。

横にスクロールしてご覧ください

ワクチン名回数持続期間
破傷風 (Tetanus) 3回(0日、4週、1年)10年
狂犬病 (Rabies)4回(0日、7日、4週、1年)5年
B型肝炎 (Hepatitis B)3回(0日、4週、6か月)15~20年
AB混合肝炎 (Hepatitis AB)3回(0日、4週、6か月)15~20年
インフルエンザ(Influenza)1回3~5カ月

小児用ワクチンは接種できません

予防接種を受ける前のご注意

予防接種は、副反応、副作用のリスクがあります。ミャンマーでは日本国内のような副作用被害救済制度はありません。実績のある国際的に認められたワクチンをご用意しておりますが、体調が万全の上、ご自身の判断で予防接種をお願い致します。

予防接種の流れ

  • 01電話、メール、LINEでご予約ください
  • 02弊院2F日本語デスクまでお越し下さい
  • 03日本語デスクで受付をお願いします
  • 04体温、血圧を測ります(熱が37.5度以上ある場合は中止となります)
  • 05看護士がワクチンを注射します
  • 06約10分、病院内でお休みいただきます
  • 07日本語デスクにて清算をお願い致します