10月32020

感染を抑えるのにミント先生ならどうしますか?

先生、ミャンマーの感染者が1日に1000名超え!です。感染を抑えるのに先生ならどうしますか?

 

私ならビーチの前にキャンプ施設をつくり、軽症患者はそこで自由に日光浴でもしてもらい、重症患者だけコロナ専用病院に入院してもらいます。

 

斬新な対策ですね!

 

感染症は完璧な隔離ができないなら外に置くのがいいのです。それも海の近くなら最高です。

なんか治療が楽しそうです!そう言えば、日光浴はビタミンD3を体内に生成すると先生言ってましたね。

 

ウイルスが体内に侵入するとD3は過剰な免疫反応を抑制する動きをしますので、免疫系統の暴走(サイトカインストーム)を抑える効果が期待できます。新型コロナの重症化というのは免疫の暴走で起きていますので、軽症者は外で日光浴をさせるべきです。特にヨガの教えにもある朝の太陽光がお薦めです(昼は紫外線など有害物質も多い)。

 

なるほど!軽症者を太陽の力で重症化させないことが重要というお考えですね。でも、海という理由はなんですか?

 

ミャンマーは空気感染する結核(TB)が多く、昔は海で療養させていたのです。結核は新型コロナと同じ肺がメインの病気ですからね。

 

自然へ解放ですね。日本では肺の病気だと子供たちの気管支喘息が多く問題です。空気の良いところに引っ越す親御さんもいます。

 

肺の病気は空気が大事です。海の近くにする理由は潮風なんですよ。日本人ならわかるでしょ?あの海の臭い!

 

塩分が含んだ臭い!?そうか、塩素か!!

 

はい。潮風は自然の消毒噴霧なんです(海塩粒子が呼吸器に良い影響を与えると考えられるので、山より海がお薦め)。海水は消毒液といったところかな(笑)ミャンマーは大昔から目などにバイ菌が入り腫れたりすると塩を塗って殺菌してました。

 

それは、目に沁みそう!日本で塩は、汚いものを浄化したり、けがれを清める、といった考えがあり、お葬式の帰りは必ず塩を体に撒きますし、相撲は土俵に撒いて清めます。

昔の日本人は塩にある殺菌パワーを知ってたんですね。それで海水で育った魚を刺身で食べるんだから。。。

 

はい、日本人は塩分ミネラル豊富であることは間違いないです。これも日本のファクターXかも!?でも、今は移動制限があり海へ行けないですね。

 

だから、新型コロナの感染予防にはを有効活用すべきです。うがいは水に塩を入れてこまめに行って下さい。しかし、喉だけ守っても新型コロナは鼻の穴、目の粘膜からも侵入しますが、対策はできていますか?

 

鼻うがい簡単じゃないんですよ。それに目の粘膜から侵入したウイルスをどうやって洗浄したらいいですか?

 

次回、その対策方法をお伝えしたいと思います。

本物のお塩は、海水を天日干します。太陽の力によって乾かす事により、海の力と太陽の力が合わさったエキスです。良い自然塩を取るようにしてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ミント先生への応援1クリックお願いします! 

 

 

10月22020

ダブル感染を回避(インフルエンザ予防ワクチン入荷)

冬を迎える日本ではインフルエンザと新型コロナのダブル感染が話題になっています。

 

4月の時点でミャンマーも雨季(6月~9月)のダブル感染が懸念されていましたが、起きませんでした。

 

正確には、新型コロナが蔓延しなかっただけでなく、毎年来るインフルエンザも蔓延しませんでした。

 

昨年と比較すれば毎日1名はインフルで来院してた患者様が今年は2週間に1名ぐらいでしょうか。

 

日本でW感染は起きないとは言えません(ミャンマーはインフル、デング熱、腸チフスのW感染が多いです)。

 

日本では10月からワクチン解禁で、65歳以上の方が優先接種となっているようです。

日本へご帰国を予定されている方は、今年はヤンゴンで接種することをお勧めします。

 

弊院にインフルエンザ予防ワクチンが入荷しましたので御案内致します。

Influvac Tetra (Abbott社)  製造国:オランダ 

 

数量に限りがありますので、ご予約をお願い致します。

 

予防ワクチン接種での来院にも通院証明書を発行いたしますので、外出はご安心下さい。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! 感染症専門医Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

10月12020

日本のファクターXは水道水!?

先生、色々な場所で集団感染起きてしまいロックダウンになりました。何か解決策は無いんですか?

 

コロナ対策、医療インフラはもう政府に頑張ってもらうしかないけど、ミャンマーの基本的な問題はなんだと思いますか?

 

ミャンマーにいて思うことは、基本的な衛生観念の欠如から来る公衆衛生の悪さですね。トイレ、道、犬、etc…

 

正解!ミャンマーに住んでる日本の人なら全員わかるよね。公衆衛生の悪さの中でも感染症の予防面からみて一番悪いのは「水」です。

 

ヤンゴンの水質はかなり悪いと聞いたことがあります。悪い菌が多い。。。

 

そうですね。それに比較して、日本の水はもう魔法の水ですよ。下記は東京都水道局のホームページです。

(*画像クリックで東京都水道局のHPにジャンプします)

 

新型コロナに水が原因となって感染することない!とはっきり書いてあります。これ本当なら、水道水にウイルス混入しても死滅する??ということは水が消毒液?

 

ロックダウンをしなくても日本の感染が欧米諸国に比べて広がらなかったファクターXの正体の1つが「水の中の塩素」だと考えています。塩素が入ってる水で「手洗い」と「うがい」は効きますね。

 

でも、塩素って体に悪いイメージがありますよね?「塩素ガス」とか化学兵器に使用されてるじゃないですか。。。

 

塩素が含まれてる日本の水は危険とかよく言う人いるよね。でも、塩素は「塩」を「電気分解」してできる物質だよ。人間の体内でもウイルス攻撃するのに塩素を自然生成してる。塩素濃度をしっかりコントロールできれば水道水が飲めるだけでなく感染症の抑制もできてしまいます!「空気」「水」「光」「塩」は人間が生きるために必要な4大要素です。

(*画像クリックで東京都水道局のHPにジャンプします。東京水は都庁等で100円で購入できます。)

 

確かに!アルコールだって濃度5%だからビール美味しく飲めますが、濃度100%のアルコールはエタノール(消毒液)です。濃度70%超えるウオッカなんか飲んだら口から火が噴出しそうです。ちなみに安い焼酎&日本酒と塩があれば何杯でも飲めますが、日本では急性アルコール中毒症状で年間1万人が病院に搬送され死亡者も出ていますので飲み過ぎにはご注意下さい。

 

なんでもそうですが、適量というのがあります。量により毒にも薬にもなるんです。

 

塩素が含まれてる水道水で手洗い、うがいだけでなく飲んでる人多いですから、ワクチン接種してるような効果が発揮されてると言うんですか?

 

推測ですが、予防になっていると見ています。ですので、水道水の強化版である一般に売られている塩素系の消毒剤はインフルエンザにも新型コロナにも有効です(塩素は容量、使用方法を正しく扱うこと。間違えると危険です)。

 

日本の水道局のお墨付きもありますし、ミャンマーに日本の水を緊急輸入しましょう!!と言いたいところですが、今すぐは無理ですよね。世界では約15か国しか水道の水が飲めないそうです。将来、日本の水道技術がミャンマーにも伝わり飲めるようになりますように。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ミント先生への応援1クリックお願いします! 

9月302020

専門医の受診休止のお知らせ

いつもMyat Mon Tokyo Clinicをご利用いただきありがとうございます。

 

本日より産婦人科、整形外科、小児科、放射線科の外部からの専門医による受診を休止いたします。

 

新型コロナの感染拡大を受けまして、クリニック内の専属医による治療のみとなりますが、Dr.ミントは感染症内科医ですが、かなり広範囲の治療をカバーできますので、一度ご相談ください。

ご不便をお掛けして申し訳ございませんが、何卒ご理解くださいます様お願い申し上げます。

ミント先生より

妊婦の方、3歳未満のお子様、ご持病をお持ちの方は日本へのご帰国を再度ご検討下さい(10月2日、8日のANA便は空席があります)。また、残られる皆様におかれましてはくれぐれも我慢しないよう、何か体調不良がございましたらすぐに電話でご相談ください。病院へ行けなくても最善の医療アドバイスをさせて頂きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村ミント先生への応援1クリックお願いします! 

9月252020

【ミント先生復帰記念】フェイスシールドをプレゼント!

本日から日本語フロアの診察に戻ったミント先生です(発熱なし体調良好)。

今朝は、発熱がない患者様の診察でしたが、Level2の防備で診察しました。

 

また、発熱がある場合は、Level3の完全防護服での診察となりますので、驚かないで下さい。

 

そして、ミント先生の診察復帰を記念して来院した患者様にもれなくフェイスシールドをプレゼントします!

フェイスシールドは顔に直接、飛沫が掛からないようにガードする感染予防グッズです。

 

特に目の粘膜に飛沫が入らないようする効果が期待できます。

女性でも装着しやすいと思いますので、マスクと併せてご使用ください。

 

患者様からも大好評でしたので、新型コロナが終息するまでご来院の度にプレゼントします!

 

体調が悪い場合は、早めに医師と繋がり相談してください。

まずは、事前にお電話かメールでご連絡をお願いします。

東京クリニック日本語TEL:09-9568-36131 (毎日9:00-13:00)

ジャパニーズヘルプデスクTEL:09-77689-6891 (緊急時間外)

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←ミント先生への応援1クリックお願いします! 

9月242020

Dr.ミント隔離解除のご報告

9月23日(水)夕方に2回目のPCR検査の陰性が伝えられ、隔離施設の退出許可が出ました。

 

ミャンマー保健省の指導により、濃厚接触者として指定隔離施設での14日間の隔離、PCR検査2回をパスしたことによるものです。

 

日本は、濃厚接触者として義務が生じた場合、PCR検査1回の陰性が確認されたら14日間の自宅自粛で終了となりますので、ミャンマーの基準は厳しいことがわかります。

 

また、診察室で補助していた弊院の看護師1名も一緒に隔離が解除されました。

 

これにより安全確認ができましたので、9月24日(木)から病院は通常営業を致します。

 

隔離施設から17日ぶりにクリニックへ出勤、「お勤めご苦労様です。」と病院スタッフで労いました。

 

少しお疲れモードですが、今朝から精力的に病院内の業務をこなしております。

 

この度は、多大なるご心配をお掛けして本当に申し訳ありませんでした。

これからも安全第一を心掛け、皆様が安心して通院できるヤンゴンの診療所である様に努力して参ります。

 

体調不良、発熱、医療に関するお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←ミント先生へ励ましの応援1クリックお願いします! 

9月232020

トイレの消毒

弊院は小さいクリニックですが、掃除専門の担当者が1名います。

 

毎日、朝9時~夕方5時まで部屋、待合室、トイレ、台所、壁、床まで掃除してくれます。

 

しかし、消毒清掃はスタッフ全員で患者様が来る度に行っています。

 

個人的にはトイレ掃除には強いこだわりがあり、気が付けば日に何度もゴシゴシ。

トイレに神様がいるという話を聞いてから積極的にやっています!というのが半分。

 

もう半分は新型コロナ感染はトイレで起きてるのではないか?と少し疑問に思うからです。

 

不特定多数の人が触るトイレのドアノブや、トイレの勢いよく流れる水で舞い上がる細菌、密室の飛沫核に含むウイルスを想定して1日に何度もトイレを掃除しています。 

消毒には次亜塩素酸水を使用してるので除菌だけでなく、トイレの消臭効果もあり臭わないのでお勧めです。

日本の空港によく置いてあるクレベリンG(二酸化塩素)も置いています。

 

便器には直接、塩化ナトリウムを吹きかけ、10分ぐらい放置してから水で洗い流し、拭いてドアを開け換気させています。

 

トイレ掃除の度に心もスッキリ気分が良くなるのでハマっています。

 

追伸… ミント先生の隔離生活が16日目を迎えましたが、隔離施設で元気にしております。14日間のお約束ですが、どうなってるんでしょうか?ミャンマー人でもここまで説明がないと少し不安にならないんでしょうか?謎です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←ミント先生への応援クリックお願いします!

9月222020

病院内の消毒

クリニックの本格的な再開に向けて院内の全体を消毒しました。

診察室は念入りに行い、拭き掃除で完了です。

消毒清掃は、毎日おこなっています。

 

追伸… ミント先生の隔離が15日目を迎えました。体調はすこぶる良いそうです。お医者さんに対する隔離政策により、診療拒否や小さいクリニックの自主閉鎖等が起こっていますが、緩和すると思いますので必要以上に心配しないで下さいとの事です。今は密閉空間を避け、人との接触をできるだけ減らして、手洗い、うがいの予防対策を引き続きお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←ミント先生への応援クリックお願いします! 

9月212020

病院の再開に向けて準備中!

現在、病院のスタッフはお陰様で全員元気にしており、病院の再開に向けて準備をしています。

 

弊院に診察に来た患者様1名の新型コロナ感染が発覚してから、安全のために営業を自粛していましたが、自粛期間中の2週間は、スタッフの衛生管理強化を実施しました。

 

全スタッフ、毎日の検温義務と少しの体調不良でも休むように指導しています。

アルコール消毒液での手洗いは頻繁にしています。

ドクター、看護師、病院スタッフへの問診&検査も実施しています。

クリニック入室前に消毒液で除菌のご協力をお願いします。

院内感染ゼロ宣言!が守れますように今後も徹底した感染予防策をしていく所存です。今日から部分的(予防接種、健診など)に安全確認をしながら少しずつ再開していきますので、お問い合わせ下さい。

 

これからも皆様が安心して来れるヤンゴンの診療所を目指し頑張りますので、応援を宜しくお願い致します。

 

追伸… ミント先生は隔離施設で14日目を迎え、今日も元気に過ごしております。保健省からいつ退所できるか説明はありませんが、コロナ医療現場に迷惑をかけない様に安静に時を待っているそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←ミント先生への応援クリックお願いします! 

9月172020

スーパーコンピュータ「富岳」の室内環境における飛沫感染対策!

スーパーコンピュータ「富岳」の室内環境における飛沫感染を分析した動画が参考になりましたのでご紹介いたします。

(画像クリックで動画ページへ移動します。時間が無い方は、下に動画の要約を簡単にしました。)

 

●人の混雑してる場所は避けたほうが良い?

人の過密状態は避けることが重要で、飛沫は約3m飛ぶ。マイクロ飛沫は空気に漂う。避けられない場合は窓を開けることが重要。

 

●マスクは意味ない?

富岳A: マスクは他人への感染抑制だけでなく、人から感染をもらわない抑制効果がある(特にN95等の医療用は効果あり)。しかし、極小の飛沫は侵入してしまう可能性があり100%感染防止は不可能。

 

●窓は開けたら良いのか?

富岳A: 窓は数か所開けて全開にするのが感染予防に効果。窓は少しでも開けると効果ある。

 

●オフィスのエアコンは消した方が良いのか?

富岳A: エアコンをつけて空気を循環させることで、室内の換気はすすむ。

 

●パーティション効果は?

富岳A: パーティションを席につける場合は高さ140㎝で飛沫が顔に直接かからないので感染を抑制する効果がある。

 

●湿度は高い方が良いの?

富岳A: 部屋の湿度が高いとウイルスは地面に落ちやすいので、飛沫感染が少なくなる。

 

●動画の感想

飛沫は約3メートル飛びますが、マスク着用、パーティション(フェイスシールド)、部屋の窓を開けて、エアコンをつけて空気を循環させ、部屋の湿度を上げることでかなり感染予防効果があるのではないでしょうか?弊院もほぼ同じような対策はしていましたが、この動画であらたに1つ対策を加えることになりました。

 

ミャンマーの人はエアコン大好きなので、複数の人といる時も部屋を閉め切ってエアコン全開にしてるケースが多いと思います。できる限り窓を開けるように注意喚起してあげて下さい。この情報が誰かのお役に立ちますように、そして1日でも早くコロナが終息することを願っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←Dr.ミントへの応援クリックお願いします!