11月182018

NEWDr.ミント in フットサル大会

土曜日午前の診察が終わり、予定していたヤンゴン日本人会主催のフットサル大会へ。

 

会場はYangon Water Boomのフットサル場ですが、タケタのボウリング場の隣にある綺麗なコートです。

すでに小学生の部の白熱した戦いが始まっていました。

 

今日はここで医務室を東京クリニックが担当しました。

 

 

ヤンゴン日本人会のサッカー部と日本人学校チアリーディングチーム等、総勢50人以上の小学生が大集結。

 

すごい熱気とパフォーマンスでお祭りムードの和気あいあいとした大会となりました。

 

しかし、後半は一般の部にうつり、イベントだからと言いつつも本気モードの戦いとなり、医務室も急に忙しくなりました。

血圧測りに来る人、足の負傷、出血の応急処置でDr.ミントも大活躍。

 

途中から雨も降って来て、グランドが滑りやすくなり危ない場面も。。。

最後は足をつる人も出ましたが、大きな怪我もなく大会は終了となりました。

 

優勝はサッカー部のチームではなく意外な結果となりました!

優勝「チーム・グロースサムライズ」おめでとうございます。

 

後援のサッカー部みなさん、協賛の大塚製薬、水王、武士道の各企業様、大会お手伝いしていただいた皆様お疲れ様でした!

 

これだけ盛り上がるとは思わなかった。。。

 

これからもミャンマーにいる皆さんが心おきなく100%の力で働けるよう医療分野でしっかり支えていければと思います。

 

ミント先生の写真撮るの忘れてました(笑)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

11月52018

【緊急5本】腸チフス予防接種ワクチン入荷

腸チフスの予防接種ワクチンがやっと5本のみ入荷しました。

 

先着順でご予約させて頂きます。

 

サノフィ社(フランス製)製品名:TYPHIM Vi

年齢:2歳~

効果:腸チフス(パラチフスA,Bには効果がありません)

 

2018年ヤンゴンで猛威をふるっている腸チフスですが、明らかに予防接種している方としてない方が感染すると重症度が違っています。

 

腸チフス予防接種は罹り難くなるだけでなく重症化を防ぐ効力があります。

 

抗体ができるまで約2週間かかりますので、摂取はお早めに。

1回の接種で3年間効果が期待できます。

 

外食が多い方、地方出張が多い方は予防接種をオススメしています。

腸チフスに罹った経験がある人は最後までしっかり治療しないと慢性の保菌者となり周囲に感染させてしまう危険があります。しっかりと検査をする必要がありますので、ご不安な方はお問い合わせ下さい。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

 

10月292018

東京海上日動キャッシュレス開始!

11月1日(木)より東京海上日動の海外旅行保険キャッシュレス診療がスタートします!

 

キャッシュレス診療とは?

保険証書とパスポートを持って病院に行くと、保険適用されるケースの場合、お金を支払わずに診察が受けられるサービスです。

 

キャッシュレスの利点は現金を持っていなくてもすぐに病院へ行き受診できること。

 

即ち、調子が悪くなったら、お金の心配なく病院へ行ける為、病気の早期発見に繋がり易いことです。

 

病気でしんどいのに更にいくら請求されるかの不安感が海外の病院は半端ないのです。。。

 

特にミャンマーでは、単なる咳だ、発熱だ、腹痛だと自己判断するケースが多いと思います(なぜこんなに体調が悪くなるのか?)。

 

最初は風邪に似た軽い症状でも、日本でほとんど聞かない感染症(デング熱、腸チフス、A型肝炎、日本脳炎など)に感染してるケースがあるので日本での経験に基づいた自己判断は危険です。

 

こういったミャンマー特有の風土病は経験のない私達日本人は発見と治療が遅れがちです。

 

海外旅行保険キャッシュレス診療なら病気の初期段階で自宅で(-_-)zzzで様子見とかしなくても、気軽に病院に行き診察を受けて病名を特定させて薬を飲んでから自宅で安静という安全第一の行動がとり易いのです。

 

今回、東京クリニックで使える海外旅行保険キャッシュレスは東京海上日動が初めてです!

 

お陰様で開院して6カ月経ちDr.ミントをはじめ、病院スタッフも邦人患者様に慣れてきました。

 

いよいよこれから本格的にご利用いただける様サービスを充実させていきたいと思っております。

 

「東京海上日動海外旅行保険の利用手順」

 

1.お手持ちの保険証書を確認(名前、証券番号、契約期間)

 

2.東京海上日動コールセンターに連絡(リンク➡ Line無料通話がオススメ

3.保険証書とパスポートを持って病院へ行く

 

4.東京クリニックの日本語デスクで保険証書とパスポートのコピー提示

(東京海上へ連絡ができていない場合、病院からお繋ぎします)

 

5.Dr.ミント診察へ

 

6.お薬をもらって終了!お会計の必要はありません。

 

ドル現金を自由に出し難いミャンマー国ではキャッシュレス診療は楽ですよね。

 

ちょっと熱が出て、どうしようか?と迷った時もすぐ病院に行きやすい。

 

患者様の多くがキャッシュレス診療を望んでいる現状をふまえて、段階的に使える海外旅行保険を増やしていきたいと考えています。

 

ミャンマー国に長期滞在される場合、身の安全の為に海外旅行保険に加入をオススメします。

(ヤンゴンの総合病院及び、国際水準のクリニックは皆様が思っている以上に料金が高くデポジットも要求されるケースがあります。)

 

まずは東京海上日動海外旅行保険お持ちの皆様、キャッシュレスになりましたので、

11月1日からご利用よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com 

10月212018

休診、ダディンジュ祭り、ボウリング大会etc

先生、いよいよミャンマーの大型連休はじまりましたね。

 

ダディンジュ祭りは雨季明け、お坊さんの修行の終わりを祝うイベントで、仏教のお祭りとして4月の水掛け祭りの次に大きいお祭りです。

 

ヤンゴンの皆さんはお寺にいったり、地方に旅行に出かけたり楽しみにしてる人多いですよね。先生はどこか行くんですか?

 

チャイティーオーに叔母を連れて行って来ます。ですので、申し訳ないのですが23日(火)は休診とさせていただきます。

 

お参りにいくんですね。先生、叔母さんのお世話も日頃からしてお休みも。。。本当に頭が下がります。今週はどこのパコダも人が多そうですね。21日、22日はシェタゴン・パコダ周辺は渋滞確定!私は28日に開催されるヤンゴン日本人会ボウリング大会の準備をする予定です。

 

ボウリング大会またやるんですか?日本人ってボウリングそんな好きだった?

日本人が特別ボウリング好きではないと思いますが、ヤンゴンで大勢で手軽に楽しむスポーツとしては最適なんですよ。久しぶりにボウリングすると楽しいんですよ(笑)先生も参加しませんか?

 

えっ!?いきなり重いボール持つと手の筋を痛めるので、この1週間少し握力運動や腕立てして慣らした方がいいよ。腰にも負担掛かるから腰痛ある人も注意。もうそんなに若くないでしょ?

 

はい。痛めないように入念にストレッチしますといいたいところですが、私はお世話係なのでボウリングしませんが、28日(日)病院の営業時間を9:00-11:00と時短とさせていただきます。

 

日本のイベントは組織だってるから準備時間かかるでしょ?ミャンマーなんて結婚式でも、いつ始まっていつ終わるかわからない(笑)

 

先生の叔母さんのお世話に比べたら大変じゃないですよ(笑)今週の病院スケジュールです。22日(月)診察午前中のみ、23日(火)お休み、24日(水)診察午前中のみ、25日(木)診察午前中のみ、26日(金)通常営業、27日(土)診察午前中のみ、28日(日)9:00-11:00

 

今週は、日本の皆様もヤンゴンから離れて旅行するんですか?

 

かなり多くの方がヤンゴンから離れると聞いています。でも残っている方もいますので、体調すぐれない場合はスケジュール確認後、ご連絡をください。また28日(日)ボウリング大会参加者まだ募集していますので、お早めにご連絡下さい。定員になり次第、締切りますよ。

 

2018年度第2回ヤンゴン日本人会ボウリング大会詳細はこちらに➡http://yjahp.e7.valueserver.jp/1809/180907.bowling2.pdf  (PDF)

 

今回は副賞が凄いです(総額150万ks相当)。ミャンマービールさんからビールその他、アビームさんから日本のお菓子、Lut Lat Mmuさんから水王、武士道さん、天ぷら黒川さん、創作和食いずみさんからお食事券の協賛をいただいてます!連休最後はボウリングへGo!!

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

10月172018

《Dr.ミントQ&A》腸チフスは食べると腸に穴が開く?

先生、雨季が開けても「腸チフス」の患者さん多いですね。

 

腸チフスは雨季だけでなくミャンマーでは1年中感染する病気です。感染した人の便や尿にウイルスが含まれるので、感染キャリアが触った全て物からうつる可能性があります。

 

だから先生がうるさく「手を石鹸で洗おう」「消毒しよう」と言うんですね。

 

チフス菌は感染力が強く微量であっても汚染された水、氷、食べ物、コップ、お皿からうつります。

 

感染した人に聞くと“とにかく怠くて力が出ない”と言いますよね。

 

初期症状は体調が悪く、とにかく体が怠いので栄養をつけようと肉料理を食べてしまう傾向にあるようです。ステーキの様な固形の肉は特に良くなく、食べた直後から熱が急上昇します(その後、朝は熱が下がる)。チフス感染に気がつかないでこのような行為を繰り返すのは危険です。穴あいちゃいますよ。。。

 

腸チフスは酷い症状だと、腸から出血して穴まで開くんですか?血便が凄そうです。。。

 

腸に穴が開いたら緊急手術が必要になるケースです。世界中で起きている感染症ですが、生命の危険がある病気ということはあまり認識されていません。

 

死亡するような病気なんですか?

 

あまり怖がって欲しくはないのですが、世界統計では年間10万~20万人の死亡例が確認されています。ミャンマー人も多く感染して入院するまでの酷いケースも多いんですよ。

 

怖すぎです。どうやってその最悪の状態を防げばいいのですか?

 

腸チフス・ワクチンを事前に打つと、感染をした場合でも、症状は酷くならない傾向があります。それと、体調が悪い場合は医療機関にすぐ行き早期発見、早期治療です。

 

腸チフス予防接種したのに罹った人もよく聞きますが、確かに症状は軽いと思います。当院に来た重症者の方は歩くのもままならないほど衰弱した状態で来院されますよね!ほぼ予防ワクチン未接種です。

 

そういう状態だと腸から多少出血してるよね。チフス発症してから数日間経過してから来院するからご飯食べてるんだよね。腸チフス発症後、固形物を食べてはいけません!

 

でも完治するまで1~2週間なにをたべればいいんですか?

 

酷い場合は注射&点滴で、また体調を診て、徐々に柔らかい食べ物を御案内しますが。一番いいのはウイダゼリーかな。

 

えっ!あのキムタクCMで有名な森永製菓のウイダinゼリーですか?

キムタクは古いね山Pじゃない? 特に腸チフスの時はエネルギー&プロテインの2種類をお勧めします。

 

先生、最近は櫻井翔君みたいです。少しですが、弊院にウイダinゼリー入荷しました。食欲が無い時や時間が無い時は重宝しますよね。日本からミャンマーに持って来る定番品になるかも?

 

これ美味しいんだよね。10秒チャージで必要なエネルギーもとれる。ミャンマーでも販売して欲しい。腸チフスに感染したらウイダinゼリーだけでなく柔らかい物(パン耳以外、牛乳、お粥など)食べましょう。

 

腸チフス・ワクチンは来週ぐらいに入荷予定です。欠品が続いていましたが、気になる方は早めに接種して下さい。1回摂取で抗体が約3年です。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

10月42018

2018年のノーベル医学生理学賞は「免疫治療」日本人受賞!

「先生、今年のノーベル賞のニュース聞きましたか?」

 

「聞きましたよ。受賞は京都大学の本庶佑教授ですよね。」

 

「先生お知り合いなんですか?」

「いいえ知りません。私は違う大学なので。でも同じ免疫の研究してましたから、ノーベル受賞は自分のことのように嬉しいです。」

 

「今迄、癌の免疫治療とはインチキじゃないか?と勘違いしてる人も多い治療でしたよね?」

 

「はい。1回の治療で日本では200万~300万掛かるのに効果が疑問視されてますよね?免疫治療は癌の治療法の一つですが、どんな癌にも効くような治療法ではないんです。効く癌の状態もあるし、効かない癌の状態もあり、また部位によっては効果がないんです。良い先生を選ばないといけないので、そこはミャンマーの病院選びと似てますね。」

 

「ノーベル受賞で万能治療法みたいな書き方してる報道もありますね?」

 

「それは全くの誤解です。でも、それだけ人間本来の力である免疫の力をどう利用するか?それは人類の病気を根絶する可能性を秘めた研究テーマなので面白いんですよ」

 

「現段階では癌の免疫治療はこれから選択肢の一つとして認められたということですか?」

 

「はい。正しい診断結果と正しい時期と正しい治療法であれば効果はあります。色々な免疫の治療法がありますが、マウスの実験で何度も癌細胞が消えましたので(笑)」

 

「それではステージ4の患者さんにも効果があるんですか?」

 

「それはかなり難しいと思いますが、そのような事例は聞いています。但し、どんな病気でも早期発見、早期治療が重要です。」

 

「ミャンマーで癌の免疫治療を受けられる病院はありますか?」

 

「残念ですが、聞いたことはありません。どこかミャンマーの総合病院で興味があればお手伝いできるんですが。このノーベル受賞で初めて知った先生も多いのではないでしょうか?」

 

「まさに先端医療なんですね!ミャンマーで先生の活躍される日が来るといいですね。」

 

「ミャンマーの病気の半分以上は、結局この免疫細胞が崩れ、その隙にウイルスやバクテリアに攻め込まれて自分の免疫細胞が負けて、病気が発症してしまうんです。」

 

「よく腸チフスなんかなった時、家内と私は同じ物を食べたのに私だけがチフスになったという話を聞きますが」

 

「人は免疫力が強い時、チフス菌のような強い菌が体内に侵入しても免疫の力で菌を叩いて、分解させて無毒化させてしまうんです。だから奥さんの方がミャンマーに合ってるとも言えるかも(笑)」

 

「そうなんですか!それではミャンマーでは免疫力をどう上げるかが、鍵ですね。最近の異常なまでのGYMブームもなんか関係ありそうですね。」

 

「あるのかな?まあ昔と違いポッチャリよりスタイル良い子が好まれる傾向になってきたし、運動して健康的なライフスタイルになろうという若者文化もあるし。でも免疫上げるために乳酸素運動とか思ってやってる人は少ないと思うよ(笑)」

 

「皆がやってるからやる的な流行りには乗れ!というのも感じます。日本人の皆様にはしっかり免疫を高めてミャンマーで病気にならない体作りを。まず運動しましょう!これからDr.ミント流免疫力の上げ方も情報提供していきたいと思いますので、応援よろしくお願い致します。」

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com 

 

10月22018

《スタッフ体験談》ミャンマーすり傷でも怖い

骨が折れていない打撲のお話の続きです。

 

クリニックでの治療が終わり、Dr.ミントから治療薬を処方されました。

 

この写真がクリニックで治療した夜の写真(7月13日)です。

綺麗に消毒されたし、単にぶつけて腫れてるだけ。

 

痛かったのですが、骨に異常がないと診断され気が緩みました。

 

その日の夜、処方された薬を飲み朝起きると今度は胃が苦しいのです。

  

(Dr.ミントからもらった薬は一度捨ててしまい、23日にまたもらいなおしました)

 

この薬キツイ。。。少し吐気もありました。

 

ミャンマーで処方される薬はよく効くんですが、日本の弱い薬を飲みなれてる私達には薬が合わないと感じることもあるかと思います。

 

2日間飲み続けましたが、やはりキツイので飲むのを止めました。

 

打撲だし、2週間ぐらいしたら治るだろうと考えました(自己判断)

 

しかし、この薬を止めてから2週間後には腫れが引き治るどころか、違う痛みが出てきました。

 

これが2週間後の写真(7月24日)です。

「先生、実は足が痛痒いのですが。。。」

「足とっくに治ってるでしょ?なにこれ、膿んでるじゃない。さては薬飲まなかったね」

「はい。単なる打撲だと思って薬のみませんでした。あの薬きついし、嫌いです」

「なに子供みたいなことを言って、これ後で切って膿だすからね」

「それは勘弁してください。飲み薬で何とかなりませんか。。。」

「この状態だと膿だしたほうが綺麗に治るよ。そんなに切るの嫌なの?」

「ミャンマーでは切るなと言われているので」

「大袈裟な。こんなの切るうちに入らないよ」

 

結局、薬だけで切って膿を出さなかったんですが、2ヵ月経った今も少し違和感を感じます。

(これが10月1日の足の状態)

 

なんかばい菌が残ってる感じがしています。。。(イメージだけですが)

 

たまに痒いし、疼く。

 

ミャンマーではすり傷でも消毒して投薬しないとばい菌が強いのでこんなことになる事もあるそうです。

 

「打撲しか頭に無かったので、まさかばい菌が傷口から侵入してこうなるとは想像もしませんでした。日本での経験なんてミャンマーではあまりあてにならないということですね」

「出した薬を飲まなかったということは、私の言ったことを。。。?」

「そういうことではないんですが。。。薬がどうしてもきつかったので」

「その時は、薬が合わないので、変えてくれませんかと聞いて下さい。今のミャンマーはたくさん薬も選べますから」

「これから先生の指示に従い、自己判断はやめます」

「医者としてベストの提案をしていますので、信じて下さい。病は気から!信じる者は救われるですよ。それにしても足が汚いね(笑)」

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com 

 

9月272018

病院前に突然現れた巨大な物体!

昨日の朝、病院の前で起きた光景です。

 

突然出現した巨大な物。なんですか?これは。。。

病院の入口前の駐車スペース(2台分)がふさがれてしまいました。

 

電力会社が新しいケーブルを地面に埋めています。事前に工事の話はありませんでした。

 

こちらから工事現場に行き説明を求めると。。。

 

工事責任者の説明「2~3日で終わります。終わったらどかします。」この一点張り。

 

「しょうがないですね。嵐と同じで過ぎ去るのをじっと待つ。ミャンマーはこういうことの連続。あんな重いの持ち上げてどっかに捨てることもできないし(笑)」

「日本ではこれを営業妨害といいます」

「でも、電力やインターネットが病院に来ないと困るしね。」

「ヤンゴンで生活をしていると自分の考え、力ではどうにもできない事が多く、自然に任せひたすら時間を待つという忍耐力が必要になることが多い気がします。」

「忍耐力というか、寛容力じゃないかな?日本の方達は我慢するの好きだよね。我慢より許すと楽だよ」

「私は先生のように悟りはまだ開けてないようです。。。」

「大丈夫!全てなんとかなります(笑)」

病院へお車で来る場合、入口前の駐車スペースがご利用できません。看板も見え難くなっています。

 

ご迷惑をお掛けしますが、何卒よろしくお願いします。

 

絶対3日以上ケーブルが置いてあると思う方、応援クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com 

 

9月252018

《スタッフ体験談》ヤンゴンで足の骨折れた?

7月某日、その日朝7:00頃ヤンゴンは曇りでした。

 

学校に通学中の路上で突然の激しい雨。

 

とっさに屋根がある建物の下に入ろうとダッシュしたその瞬間。。。

 

おもいっきり滑って転びそうになりました。

 

最悪なのはそのすぐ側に排水溝があり、その溝に足を突っ込んでしまい排水溝の角に足のスネを強烈に強打してしまいました(汚い場所に足を入れてしまった)。

 

強打した瞬間、あまりの痛さに目が回り星が5つ飛び出した感じです。

 

その場で5分ぐらい動けない状態となりました(足の骨折れた?)。

 

痛みが治まり歩いてみると歩けたので、そのまま授業に出ました。

 

しかし、授業中に違和感を感じて自分の足をよく見て見ると腫れあがって来ました。

 

学校の先生に足を見せるとすぐに傷口をティッシュで拭いてくれてバンドエイドを貼ってくれました。

 

日常で消毒液を使う習慣は無いけど、ミャンマーの人は困ってる時にいつも優しいです。

 

クラスが終わり立ち上がって歩いてみると痛みが出ていました。

 

片足びっこの状態で歩きながら、友達との待ち合わせの場所まで向かいました。

 

友達と話している最中、もう冷や汗が出て来るぐらいズキズキ痛みが出始めました(これはマズイ)

 

もうこの時点で足にヒビが入っていると思い、Dr.ミントへ電話。

 

「先生、*@¥★★★~こんな状態なんですけど、今から診察お願いします」

「何ですぐ来ないの?腫れてるならお店で氷もらい冷やしながら来てください」

 

すでに事故から5時間経過、友達にクリニックまで車で送ってもらいました(ありがとう)

 

クリニックに着き、即レントゲン検査となりました。

 

この写真見ても腫れあがってるのわかりますね。

 

傷口の出血はすでに止まっていました。

 

レントゲン技師に足を触られるだけで激痛が走るので、覚悟はしていました。

 

しかし、レントゲンの結果「骨に異常なし」

 

すぐにDr.ミントの手当てが始まりました。

足が黒く変色し始めていましたが、丁寧に消毒してもらい破傷風のワクチンを打ってもらいました。

 

しかし、この時点ですでに傷口から強力なバイ菌が侵入していましたが。。。

そして、包帯を巻いてもらい終了しました。

 

骨折、ひびでもなく打撲だったのは不幸中の幸いでしたが。

 

この後、この足の打撲が日本では起きた事のない事態になっていきます。

 

つづく

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

9月232018

バザーで健康相談

本日はヤンゴン日本人学校PTA主催のバザーで無料健康相談をさせて頂きました。

 

大勢の来場でバザー大盛況でした。

弊院の若いスタッフ達は奥のお菓子すくいに興味津々でした。

 

その隣のブースのシャープさんのコピー機これいいですよ。

 

クリニック内でも使っていますが、コンパクトで使い易いです。

 

スキャンしてPDF化が楽にできるので、検査結果をメールで送信できちゃいます。

 

患者の皆様も取りに来る必要がないし、助かってます。

 

そしてその隣がMyat Mon東京クリニックのブースでした。

*ドクターとナースの2ショット。

 

本日は、血圧を測るサービスをさせて頂きました。

 

「日本人の皆さん健康ですね。血圧高い人がほとんどいませんでした!」と感心していましたが。

「う~ん、血圧の高い人は土曜日の午前中は寝てるんだと思います先生。。。」

 

また無料健康相談もさせて頂きました。

 

こちらは現状お悩みの方もいらっしゃり、Dr.ミントからアドバイスをさせていただきました。

*子供達を見つめるナースとDr.ミント

 

「ちょっと悪いぐらいでは病院行かないで我慢してる人が多いんですね。」

「外国で病院行くのちょっと怖いからしょうがないですよ。」

「それで、耳から変な液体が出てくるとの相談がありましたが。。。」

「先生、それは流石に早く病院行って下さい!と。我慢してる場合ではありませんよ。」

 

本日は多数のご相談ありがとうございました。

 

Dr.ミントとスタッフ一同、貴重な経験となり主催者の皆様にも感謝を申し上げます。

 

また、お会いしたかった方達にも会うことができて参加して良かったです。

 

「しかし、こんな大勢のちびっ子達が日本から来てるんですか~!!」

 

先生はこれが一番この日驚いたことのようです。

 

集結した小さな日本の子供達をまじまじ見ていましたw

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com 

東京クリニックは土日祝日(9:00~12:00)営業しています。