10月172021

季節性の風邪にご注意ください。

平穏な日常を取り戻しつつあるヤンゴンですが、雨季から乾季への移行期間(10~12月)は冬です。

10月から雨が少なくなり、湿度も下がるので、喉、鼻の粘膜も乾燥しがちです。

 

そして、朝晩は冷え込むことが多くなります。

 

この時期は体調を崩しやすく、季節性の風邪にかかることがあります。

 

初期症状は倦怠感、喉の痛み、悪寒、鼻水、咳、発熱などですが新型コロナ、インフルエンザの初期と似ています。

 

早期での診断確定が重要となります。

 

お薬は医療機関での診断確定後に飲むことをお勧めいたします。

 

10月19日(火)~21日(木)の3日間はクリニック休診いたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

8月312021

レントゲン検査を再開しました。

明日から9月です。

 

東京クリニック内は、7月上旬から急激に新型コロナ感染患者が増え、7月下旬にピークを迎え、8月中旬から減少し、8月下旬には感染者の来院数が激減という流れでした。

 

現在は、約2ヵ月続いたパンデミック前の静かなクリニックの日常に戻っています。

 

7月から休止していたレントゲン検査を再開しました。

咳、息苦しい、倦怠感が抜けない等の後遺症が残っている方は医師へご相談ください。

 

クリニックの予約は取りやすい状況ですので、持病の治療を先延ばしにしていましたら御連絡下さい。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! 感染症専門医Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

8月92021

一時帰国のご検討をお願い致します。

ミャンマーは8月15日まで公休日が延長されましたが、現状を考えますと1週間で好転するとは考えにくいです。

 

感染拡大を抑え、死者数を減らすには家に引き籠るしか方法はありません(シンプルですが、予防策としては非常に効果があります)。

 

今、ヤンゴンで普通の生活に戻すとかなりの確率で感染することが予想されます。

 

下記に該当する方は特に一時帰国のご検討を再度お願い致します。

65歳以上、悪性腫瘍、慢性腎臓病、2型糖尿病、心不全、高血圧、肥満(BMI30以上)、脂質異常症、COPD(慢性閉塞性肺疾患 )、喫煙など (厚生労働省 新型コロナ診療手引きより抜粋)

上記の方は新型コロナ感染で重症化しやすい傾向があることがわかっています。また、交代で新たにミャンマーへ駐在員を派遣する場合(20~30代の死亡率は0.1%)の参考にして頂ければ幸いです。

 

その他、持病をお持ちの方へ、いつも飲んでいる医薬品が手に入り難くなってきており、値段も上昇していますので、お薬の確保が十分でない場合も一時帰国をご検討ください。

 

8月20日(金)のANA便は、8月11日(水)までに予約が必要です。

 

現在のミャンマーは新型コロナ対策で必要な予防薬、治療薬、酸素、病院ベッドが圧倒的に不足しています。

 

健康な方でも帰国が可能なら一時的に日本への退避を再度ご検討ください。

 

ミャンマーに残られると決めた場合、感染対策は十分過ぎるほど行って下さい。

 

いつも皆様のそばにいられる様、これからも東京クリニックはできる限りのことをしていく所存です。

 

何かございましたらいつでも御相談ください。

 

緊急の場合を除いてメールでの連絡ご協力を引き続きお願い申し上げます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! 東京クリニックへの相談はこちらへ→  e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

7月302021

新型コロナかなと思ったら。

新型コロナかなと思ったら、すぐに行動して下さい(素早い行動で自分も周囲も助けることが可能になるかもしれません)。

 

行動① 新型コロナの確定診断をして下さい。

現在、ミャンマーでは新型コロナの抗原検査での判定が可能です。これはPCR検査のように特定の医療機関でしかできない検査ではありません。市内のドラッグストアでも検査キットは手に入りやすいようです。また、検査だけの来院も東京クリニックでは可能ですので、必要な場合はご連絡下さい。

 

行動② Positive(陽性)の場合

在ミャンマー日本大使館へ連絡(医務班メールアドレス: m.medical@yn.mofa.go.jp)と周囲の助けてくれる家族、友達、会社の同僚に連絡しておくことが重要です。

 

行動③ 酸素濃度を測る

パルスオキシメータで酸素濃度(SpO2)が測れます。新型コロナは酸素が足りない状態になり重症化します。「96%以上」は軽症、「93%超~96%未満」は中等症Ⅰ(呼吸不全なし)、「93%以下」は中等症Ⅱ(呼吸不全あり)「ICUや人工呼吸器が必要」重症です。呼吸不全がない中等症Ⅰの場合でも、強い低酸素血症があるのに呼吸困難が起こらない患者様がいます。急に重症になるので、危険なケースです。しかし、パルスオキシメータで測ることで危険なケースも予測ができやすく、早めの酸素吸入や入院治療で危険を回避することが可能になりますので入手すべきです。ない場合は病院に通院して測りましょう。

 

行動④ 酸素ボンベ

医師から酸素吸入の指示が出てから、その日中に酸素ボンベが買えなかったと言うことは日本人の患者様の中では1件も発生していません。周囲の方には必要になったら代わりに購入することを事前にお願いしておいてください。酸素はクリニックにはありませんので、ご自身でご用意をお願いします。

 

行動⑤ 酸素吸入開始後にすべきこと

自宅療養中に状態が悪化していることを大使館・医務班にご相談ください。中等症Ⅱ(呼吸不全あり)、重症化した場合は、入院が必要です。現在、私立病院の入院は非常に難しい状況ですので、政府系病院となっております。その場合は日本大使館にお願いをして下さい。

最後に

新型コロナ感染症はよくわかっていない部分が多い事も確かですが、統計上約98%の人が快復していることも確かです。ご不安は医師に相談することで解消されることも多いと思います。必要であればいつでもMyat Mon東京クリニックにご相談ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! 感染症専門医Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

7月272021

今の感染対策は効果あるの?

感染対策として7月17日から9連休を更に延長していますので、お休みが続いています。

今週に入り、弊院に来る日本人の新規感染者数が急に減って来ています。

 

来院している方は先週に症状が出た方がほとんどです。

 

できる限り家から出ない。できる限り人と直接話さない。

 

日本人の間では、かなり効果が出て来ているようです。

 

8月1日まで休日延長されていますが、それまでにヤンゴン全体の感染数が減ることを祈るばかりです。

 

*発熱、咳など症状が出た方は早めに受診お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! 感染症専門医Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

7月242021

クリニックの感染対策について

毎朝スタッフの体調確認(発熱などの症状)をしております。

体調が優れない場合は自宅療養しています。

 

医療チームはAチームとBチームの2グループに分け5日勤務交代制にしています(医師は毎日出勤中)。

 

手洗い、うがい、マスク、ゴーグル、フェイスシールドを着用しています。

 

定期的にトイレ、ドアノブなどをアルコールで消毒しています。

 

できるだけ窓を開け換気をしています。

 

シャープ製の空気清浄機プラズマクラスターを導入しています。

クリニック内全体を次亜塩素酸水で噴霧して常に洗浄しています。

 

日本語フロア(2階)は完全予約制ですので、待合室には少数の患者様と医療スタッフしかおりません。

 

患者様への感染対策のお願い

◎付き添いは1名まで、可能なら患者様だけでご来院ください。

◎車(タクシー)でお越しになる場合は窓を開けてもらってください。

◎クリニックに入る際にはマスク着用、アルコール消毒のご協力をお願いします。

◎日本語フロア(2階)は、30分単位で予約をお取りしております。前後の患者様と待合室で一緒になる可能性がありますので、お席はできるだけ離れてお座りお待ちください。

◎外から戻りましたら手洗い&うがいをして下さい。

◎栄養あるものを食べ、処方された薬を飲み、水と睡眠を十分にとり、仕事・パソコン・お酒・喫煙は控え、体を休ませて下さい。

◎症状が改善しない、症状が変化した場合、倦怠感が抜けない等は、再診のご予約をお取りください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! 感染症専門医Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

7月222021

快復のご報告

皆様にご心配をお掛けしていましたJapanese Help Deskメンバー1名がコロナ感染から快復いたしましたことをご報告いたします。

 

本日から現場に復帰となりますが、引き続きリモートでの業務となりますので、クリニックに来られましたらセルフで受付のご協力をお願い致します。

クリニック内は、医療チームだけとなりますので、ご不明な点がございましたらご案内の電話番号(Japanese Help Desk直通)へご連絡をお願い致します。

 

また、世界的にもこの病気に対する特効薬はまだありませんが、各患者様に応じた対症療法で症状を緩和させながら可能な限り悪化しないように治療をしております(ミャンマーで有名な感染症「デング熱」も特効薬はなく対症療法です)。受診した患者様からも「症状が落ち着いて来ました!」「楽になって来ました!」「治りました!」など、嬉しいご連絡も頂けるようになってきました。

 

これからも皆様の嬉しい声をたくさん頂けるよう努めて参りますので、Japanese Help DeskとMyat Mon Tokyo Clinicへの温かいご支援をお願い申し上げます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! 感染症専門医Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

7月162021

【重要②】東京クリニックからご報告とお詫びのご連絡です。

7月10日に、日本語デスク(Japanese Help Desk)スタッフ1名に新型コロナ感染の可能性が高いことが判明し、濃厚接触者と考えられる他2名のスタッフは自宅待機とした旨ご報告しておりましたが、本日その内1名につき、感染の可能性が高いことが新たにわかりましたのでご報告を致します(計2名)。

 

皆様にはこの様なご連絡でご心配をお掛け致しますこと、重ねてお詫び申し上げます。

 

新たに感染の可能性が高いことがわかったスタッフは、本日から倦怠感、咳、味覚と臭覚が無くなる症状が出て、自宅待機から自宅療養となり業務を休むことになりました。

 

それに伴い電話対応できるスタッフが足りません。

 

診察予約、医療相談などメールでのご連絡をお願い致します。

 

電話回線は緊急の場合にご利用ください。

 

誠に勝手ではございますが、引き続き診察を続けていくため、皆様のご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

7月142021

新型コロナに感染された場合

ミャンマー在住邦人の方が新型コロナ感染症の疑いと診断された場合、ご自身で必ずして頂きたいことがあります。

在ミャンマー日本大使館の医務班へメール(m.medical@yn.mofa.go.jp)で感染したことをお伝えください。

 

何卒宜しくお願い致します。

◎ヤンゴン日本人会イベント告知

第1回【緊急】ミャンマー医療状況アップデート”ウェビナー

2021年7月18日(日)ミャンマー時間:18:00~18:30
【対象】:日本人会会員及びJCCM会員様限り
【内容】:大使館(及川医務官、細野参事官、佐久間様)からの
     コロナ感染情報の共有と対策に関して(15分~) 

昨日も医療スタッフの健康チェックをしましたが、全員変わらず健康でした。

本日もクリニックはOPENしています。当日のご予約はお電話で、その他のご質問等はメールでお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! 感染症専門医Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

7月132021

Japanese Help Deskの一時閉鎖について

東京クリニックの2階に設置されておりました日本語デスク(Japanese Help Desk)は一時閉鎖となりました。

受付は患者様ご自身セルフサービスとなりますが、Japanese Help Deskは引き続きリモートで皆様のサポートをさせて頂きます。

 

ご不明な点、ご質問はTEL:09771928822(日本語)と院内のWIFIが通じていればZOOMでの御案内となります。

 

院内では最小限の医療チームのみとなりますので、ご不便をおかけすると存じますが、何卒ご理解・ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。引き続き皆様のお役に立てるようがんばります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! 感染症専門医Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com