2月142019

NEW《緊急》ヤンゴンで麻疹(はしか)流行中!

ミャンマー・ヤンゴン在住者及び、渡航される邦人の皆様へ緊急告知です。

 

現在、ヤンゴンでは麻疹が流行中ですので、渡航される場合には麻疹ワクチン接種をお勧めします。

 

ミャンマーの週刊誌「ELEVEN」に掲載された麻疹の記事➡ Over 240 laboratory-confirmed cases of measles in Yangon

 

記事によると先月の1月1日~2月4日の約1ヵ月にヤンゴンだけで437人が麻疹感染の疑い。

 

2月17日からヤンゴンで感染者の多いエリアの15歳までの子供を対象にした麻疹の無料ワクチン接種キャンペーンも始まります。

 

ヤンゴン在住者の方、赤い発疹が全身にできたら麻疹の可能性があります(すぐに病院へ)。

麻疹(はしか)を理解し、身を守るための21の質問

 

麻疹は飛沫感染する感染症で感染力が非常に強く油断できない病気です。

 

家族に移す可能性がありますので、接触をできるだけ避け部屋で安静にして下さい。

 

妊婦の方が感染すると肺炎を起こしやすく赤ちゃんにも影響があります。

 

麻疹ワクチン接種が終わっていない乳幼児にも危ない病気です。

 

極力、人混みは避け咳をしている人には近づかないで下さい。

 

また、麻疹は子供の病気ではありません(子供の時、麻疹になったことがある人も罹る可能性はある)。

 

ヤンゴンで感染している邦人はワクチン接種が終わったばかりの子供さんではなく大人です。

 

子供の時、予防接種しているから安心だと言う方もいますが、ワクチンの効力は20~30年と言われており抗体があるかどうかがカギとなります。

 

唯一の予防方法はワクチン追加接種となりますが、ミャンマー国内では現在品薄状態が続いています。

 

ヤンゴン在住邦人で麻疹を広めない為にも日本帰国時、バンコク出張時に麻疹(Measles)の予防接種をお願いします。

 

咳が出たらマスクをして、できる限り人に移さない努力をお願いします(マスクでは100%感染は防げない)。

 

東京クリニックには現在5本のワクチン在庫があります。

MMRワクチン(麻疹、おたふく風邪、風疹)の三種混合ワクチンです。

GSK(グラクソスミスクライン)社・Priorix(日本でも打てる輸入ワクチン)を用意しています。

 

現在、日本ではMRワクチン(麻疹、風疹)の二種混合ワクチンが主流だそうです。

 

麻疹の潜伏期間は約10日間ですので、咳&発熱には注意して下さい。

 

麻疹の症状

38度前後の熱が2~4日続く(初期は風邪に似た症状)。咳、倦怠感、鼻水、目の充血などの症状が伴い、その後に口の中に周囲は赤く約1mmの隆起した白い斑点が出てから全身の発疹が始まる。

麻疹が怖いのは2次感染で、非常に免疫が下がるので違う病気になりやすく合併症になりやすい。

 

咳が出ている方、病院への来院時にはマスク着用のご協力をお願いします。

麻疹に罹り易い人の特徴

●28歳~45歳の麻疹予防接種1回のみの麻疹経験の無い人

●45歳以上の一度も麻疹に罹ったことのない人

45歳以上で麻疹経験がある人は、自然免役があるので麻疹にならないと日本では言われていますが、年を重ねるごとに自然に付いた麻疹の抗体数値は弱くなりますので気になる方は予防接種した方が良いです。予防接種1回のみの方は2回目の予防接種は必要です。ミャンマーはこれから麻疹は何度も流行る可能性があります。ご家族の為にも細心の注意を払って下さい。

 

予防接種1回のみの方でできるだけワクチン接種したくない方は麻疹抗体の数値を調べることもできますので、検査結果を見てから考えると言うのもありかと思います。気になる方はご連絡ください。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

2月92019

東京クリニック・2月お休みのご案内

本日はお休みのご連絡です。

 

2月12日(火)祝日(Union Day)9:00-13:00営業、17:00-20:00休診します。

 

また、翌日2月13日(水)は1日休診させて頂きます。

 

ご迷惑をお掛けしますが、何卒よろしくお願い致します。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

1月232019

Dr.ミントがミャンジャポ登場

昨日、空港に行ったらミャンジャポの新しいのが置いてありました。

MJ Businessはミャンジャポなの??

 

先生の疑問はそこですか?ミャンジャポのビジネス版がMJ Businessだそうです。それより中を見て下さい。

 

日本語は読むの大変なんですよね~

あっ!自分が出てます(笑)

 

マスメディア初登場!良い写真使ってもらってますね。普段より男前です(笑)

 

ミャンジャポさん、Myat Mon東京クリニックの紹介ありがとうございます。

今回はDr.ミントがミャンマー語では話せない裏話も掲載されていますので必見です!ヤンゴン市内のお店にミャンジャポ2月号が置いてありますので、是非お読み下さい。PDF版はこちら➡ 実録!医療最前線

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

 

1月112019

国立 東京医科歯科大学の先生方から推薦状いただきました!

あけましておめでとうございます。本年もMyat Mon東京クリニックをよろしくお願いします。

 

年末年始長期で東京に戻っておりご迷惑をお掛けしました。現在、通常営業を開始しております。

 

さて、お休み期間中を利用して東京でお世話になった先生達にご挨拶をしてきました。

 

東京医科歯科大学・医学部ウイルス制御学チーム(一番右が山岡昇司教授)

 

私が学生だった時、山岡先生は准教授でしたので、卒業するまで医学の指導と面倒をみていただきました。

 

山岡先生はもともと新潟で外科医として働いていましたが、大学院に進学してウイルス研究の道に進み、フランスにある有名なパストゥール研究所で3年間働いていた経験をお持ちです。山岡先生の広い見識と厳しい指導で大きく成長できました。

山岡昇司教授より推薦状を頂きました。名前ミン・ウ―になってますが、英語表記はMyint Ooです。Dr.ミントは東京クリニックの日本人スタッフが付けた愛称です(笑)

 

そしてもうお一人が東京医科歯科大学名誉教授の山本直樹先生です。

 

私が学生の時の教授である山本先生は山口大学教授、国立感染症研究所エイズ研究センター長、国立シンガポール大学教授、東京医科歯科大学教授を歴任した経験をお持ちです。

お酒飲めないのですが、ジュースで乾杯して記念撮影(真ん中が山本名誉教授)

 

山本先生はウイルス感染症の専門分野に導いてくれた師匠です。非常に飾らない気さくな先生で、若い時は船医として働きながら世界中を見て周ったそうです。現在もクリニックのこと等、アドバイスを頂いております。

 

山本直樹名誉教授からも推薦状を頂きました。

卒業して10年以上も経つのに、東京医科歯科大学ウイルス制御チームの皆様!本当にありがとうございます。

 

応援していただている皆様の名誉を傷つけない為にもヤンゴンで評判の医師になるよう的確な治療を続けてまいります。

 

ヤンゴン在住の皆様、お困りのことがあれば先ずはお気軽にご相談ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの相談をお待ちしております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

12月262018

Dr.ミント日本帰国!

12/24(月)の20:00で2018年の診療を終了いたしました。

 

今年の5月2日にOPENしてから8カ月経ちました。

 

この8カ月間で思うことは病気で困っている人が多いという事実です。

 

特に邦人の場合は、ミャンマー医療に対する不信感があり、風邪でもバンコクへ飛ぶと言われた時にはDr.ミントと苦笑いしたこともありました。

 

2019年は少しでもこの不信感を払拭できるようにDr.ミント&東京クリニック一同で努力していく所存です。

 

お正月明けの営業は1月10日(木)9:00~となります。

 

長期間お休みで大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが何卒よろしくお願い申し上げます。

 

Dr.ミントもこの期間は東京・中野の自宅に戻ります(実はミント先生は逆単身赴任でした。。。)。

 

それでは皆様、お体には十分ご自愛いただきまして、良いお年をお迎え下さい。

 

今後とも東京クリニックをよろしくお願い申し上げます。

 

来年は皆様にとって良い年になりますようにお祈りいたします。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

12月192018

中学3年生ヤンゴンで発熱の体験記

夜、習い事より帰宅したら、すごく咳が出て体がだるく食欲がありませんでした。

 

熱を測ったら37度以上ありました。

 

お母さんが東京クリニックに電話をしたところ、夜20:30までに来て下さいと言われ、タクシーで一緒に行きました。

 

まず、体温と血圧を測り、首のリンパを押さえたり、喉をみてくれました。

 

先生は丁寧な日本語での対応でした。

 

咳止め等のお薬をもらい帰宅してすぐに飲んで寝ました。

 

次の日、熱は下がっていたのですが、念の為学校を休み、翌日にはスッキリして学校に行きました。

 

先生、ありがとうございます。(バハン在住・SF)

 

お母さんの速い判断で、風邪が悪化もせず、すぐに治ったケースです。風邪かなと自己判断せずに来たけど、やはり風邪でしたね(でも、発熱の怖い感染症があるミャンマーでは正解)。ヤンゴンの病気は早期治療することが非常に重要です。悪化させて総合病院に入院することが無いよう早めに受診して下さい。

 

海外旅行保険キャッシュレス診療での治療でした。保険の強みは事前に病院を決めておくだけで、実際に病気になったときは保険証書をもって病院に行くだけなので、早期治療につながり易いのが特徴です。

 

体験談ありがとうございました!

明日、12月20日(木)午前中は休診いたします(17:00~20:00は通常営業)。ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

 

12月132018

<ヤンゴンで対策>東京都内インフルエンザ流行中!

そろそろ年末年始のお休みで日本帰国の準備を始めていると思いますが、日本のインフルエンザ対策は準備できていますでしょうか?先週から東京や各地でインフルエンザの流行期に突入したようです。

 

東京では恒例のマスク通勤が始まってるんだねー

 

 

ヤンゴンでは絶対に見ない光景ですから(笑)インフルエンザのワクチン接種はいろいろ考えがあると思いますが、先生はどう思いますか?

 

 

打たないよりは打った方がいいという考えです。

 

 

インフルの予防接種を打って罹った経験がある人は、打っても打たなくても同じと思ってる人も少なくありません。

 

インフルエンザの感染力は強いから予防接種してても罹る人が多いの事実。でも、打っておけば軽症で済むことも多いから打った方が良いという意見です。

 

 

インフルエンザ感染したくない受験生などは必須ですね。

 

 

帰国1~2週間前に打てば抗体が体内に作られますから、成田空港着陸時から効力があります。飛行機内も長時間密室にいるので感染しやすい環境です。お帰りの際はマスクをポケットに入れて置きましょう

 

 

ヤンゴンで打てるワクチンは何型のインフルエンザに対応してるんですか?

 

 

フランス製のVaxigripという世界100か国以上(日本国内でも打てます)で使用されている有名なワクチンが弊院で打てます。インフルエンザA、インフルエンザB、豚インフルエンザ(H1N1)に対応しています。

 

 

回数は何回打たないとダメですか?

 

 

1回だけです。

 

 

抗体ができてから効力はどれくらい期待できるんですか?

 

 

約6カ月期待できます。

今なら限定20本プロモーション価格でインフルエンザ予防接種が可能です。詳しい料金はお電話、メール、LINEでお問い合わせ下さい。

 

混んでる日本の病院より!ヤンゴンで完全予約制のMyat Mon東京クリニックなら待ち時間なしの約15分で完了します。病院見学も大歓迎!皆様のお越しをお待ちしております。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

12月112018

ベトナムの日系クリニック「LOTUS CLINIC」

日本に帰るならANAと決めている私ですが、乗りたくても乗れない時があります。

 

そんな時はベトナム航空のハノイ経由を利用しています(乗り継時間が短い)。

 

乗り継を利用してハノイ観光(15日以内ならビザなし)を楽しむことだってできます。

 

ベトナム航空とベトジェットの航空券が安いのでベトナムへ行きやすくなっています。バンコクへ行く値段とあまり変わらないぐらいの値段で行ける時もあります。

 

また、ヤンゴンからホーチミンなら約3時間で行けます(ヤンゴン~ハノイ約2時間30分)ので、昼寝して起きたら着いてたことが何度かありました。

 

ベトナムは観光名所もいろいろありますが、特筆は料理が美味しいということです。

 

年末年始のお休みに日本帰国しないならベトナムで過ごすのもありです。

 

なぜならベトナム料理は油も少ないので、ヤンゴンで疲れ果てた胃を休めるには絶好の場所だからです(ヤンゴンでも胃が疲れた時は、ベトナム料理の名店「ゴールデンフォー」がお勧め)。

 

そんなベトナムから日系クリニック「LOTUS CLINIC」の白井院長が訪問してくれました。

ベトナムからヤンゴン転勤になる方が増えているそうです!

 

ミント先生も日本の先生とお会いするのは楽しいようで、いつもより話すスピードが速い(普段の診察時は皆様にわかるようにゆっくり丁寧に日本語を話すように心がけています)。

 

興味深いお話が沢山聞けたのですが、中でも驚いたのはベトナムで起きた事はミャンマーでも似たようなことが起きるという事実がわかったことです。

 

また、先生がベトナムにクリニックを開業された当時のお話を聞いて、今のヤンゴンと似ていたので非常に参考になりましたし、続ける勇気みたいなものをいただきました!

 

ミャンマーもベトナムのように発展すると信じて、皆様のサポートをしていく所存です。

 

白井先生、ご訪問いただきまして本当にありがとうございました。

 

ベトナム旅行中に何かあった場合、ホーチミンとハノイには「LOTUS CLINIC」があるので安心です。

 

ホームページはこちら➡ ロータスクリニック

ヤンゴンからバンコクだけでなく、どんどんベトナムへ遊びに行きたいですね。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

 

12月82018

ヘルスケア・カードでキャッシュレス始まります!

プレステージインターナショナル提供のヘルスケアプログラムがキャッシュレスで利用が可能になりました。

このようなカードを提示して頂くだけで、現金は必要ありません。

 

ヤンゴンに拠点があるヘルスケア・プログラム契約企業様は以下です。

日立ヘルスケア、MUFGヘルスケア、三菱電機ヘルスケア、いすゞヘルスケア、富士通ヘルスケア、MCHCヘルスケア、NYKヘルスケア、キリンヘルスケア、大和ハウスヘルスケア、パナソニックヘルスケア、NECヘルスケア、SONYヘルスケア、明電舎ヘルスケア、東京海上ヘルスケア、ヤマハ発動機ヘルスケア、東芝ヘルスケア、豊田通商ヘルスケア、Penta-Ocean(五洋建設)ヘルスケア、岡屋鋼機ヘルスケア、日本生命ヘルスケア、京セラヘルスケア、丸紅ヘルスケア、JFE商事ヘルスケア、ANAヘルスケア、長瀬産業ヘルスケア

 

カードをお持ちの皆様、なにかございましたら東京クリニックのキャッシュレス診療をご利用ください。

●ヘルスケア・プログラム利用方法

1.東京クリニックへ予約連絡

2.病院でヘルスケア・カードを提示

 

ヘルスケアプログラムとは?

 

クリック➡ ヘルスケアプログラム公式サイト

 

日本国内の健康保険と独自の医療保険を組み合わせ、海外の病院でキャッシュレス診療を受けることができるプログラムです。海外旅行保険では適用外の歯科、健診、予防接種などキャッシュレスで利用可能なのが特徴です。

海外旅行保険の立替は日本帰国時に保険会社へ書類を送付してすぐ現金が入金されていいのですが、日本の社会保障を残している場合で、健保・国民健康保険の海外療養費制度を利用して国保から医療費7割還付してもらう場合がかなり面倒なのです。

海外旅行保険とヘルスケアプログラム(海外療養費)が決定的に違うのは歯科と持病の治療でもキャッシュレスが可能なのです(海外旅行保険は使えません)。

契約企業ごとに専用ラインがあるので、海外旅行保険でありがちな「おつなぎします」が無い。

健保・国民健康保険の申請は年々厳しくなり、個人で申請するとけっこう面倒です(弊院で翻訳、手続き方法御案内)。ヘルスケアプログラムなら申請手続きの代行をしてくれるので日本帰国後も楽ですね。

 

ミャンマーに長期滞在する場合、ヘルスケアプログラム、海外旅行保険、海外療養費、現金を上手く使いながら医療費を最初から確保しておくことが重要です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

12月52018

《Dr.ミントQ&A》交通事故の対処法

《質問》ヤンゴン空港に到着してまず気になるのが、交通事情の悪さとルール無視の車と歩行者です。ミャンマーの縮図とも言える状況で、何も危害が及ばなければ笑っていられますが、一歩間違えれば、この状況の被害者になりかねません。そこで質問なのですが、交通事故に巻き込まれてしまった場合の対処方法を教えて下さい。

 

先生、日本人が交通事故に巻き込まれるケースとして一番多いのが、車に乗っていて別の車と激突することだと思うんですが。

 

まず加害者と被害者では対処方法が変わりますが、自分で車を運転すると加害者になりかねません。この国での運転は極力避けるべきです。加害者になると非常に厄介です。

 

例えば、タクシーに乗っていた時に後ろから追突されて、強く頭を打ってしまった場合で出血している場合は、どうしたらいいでしょうか?日本なら警察と救急車を同時に呼んで安静にして現場で待つイメージですが。。。

 

すぐに治療が必要なのと脳へのダメージと後遺症が心配なケースですね。まず現場ではドライバー同士で話し合いが始まるか、喧嘩が始まるかです。日本と違うのは警察も救急車も呼ばない可能性があります。

 

Taxiドライバーはお客様をケアしてくれないんですか?

 

基本的に他者に期待はしないで下さい。まず事故が起きたら前の座席に置いてあるTaxiドライバーのライセンスを写メすること。次に事故に関係した車の車両No.を写メして下さい。追突した車の運転手のドライバーライセンスも写メできたら完璧です(見せてくれない、免許無しもある)。両方のドライバーの名前と電話番号を聞いたら、現場から別のタクシーをつかまえてエマージェンシー施設がある政府系病院へ自力で行きましょう。また、忘れてはいけないのがどこで事故にあったのか?道の名前と近くに何があるか、できれば住所を把握する必要があります。

 

現場にいて警察と救急車を待たなくていいんですか?

 

日本とは仕組みが違います。来る警察は交通専門の警察官です。この事故現場に来る警察官は事故証明は出してはくれません。また救急車もいつ来てくれるのかわかりませんので、待つ必要は全くありません。

 

わかりました。政府系の病院ではなく近くの民間病院へ行ってはダメですか?

 

ダメです。東京クリニックへ来ても診ることはできません。

 

それでは事故が起きた時に行けるヤンゴンの政府系の病院を教えて下さい。

 

ダウンタウンにあるYangon General Hospitalはどんなシリアスケースでも受け入れてくれます。次に空港周辺で事故に遭った場合、North Okkalapa General Hospitalが近い。ヤンキン周辺ならSan Pya Hospitalだし、ティラワ周辺ならThanlyin General Hospitalが事故証明を出してくれる警察がいる病院です。ダウンタウンまで渋滞のリスクを考えればその地域の公立病院のEmergency Departmentへタクシーで乗り付けるようにしましょう。

 

公立病院は衛生環境に難があると感じます。事故証明だけ取得できたら民間の綺麗な病院へ移ることはできますか?

 

それはケースに寄ります。手術が必要なら民間の病院が受け入れてくれないかもしれませんし、事件性があるなら公立病院で退院の許可が出ないかもしれません。でも外傷がないケースで手術が必要ないなら転院の許可は出るでしょう。

 

私達は、事故が起きたらYangon General Hospitalだけしか頭にありませんでしたので、目から鱗です。

 

Yangon General Hospital以外の公立病院に行って、先生いなかったらYangon General Hospitalに行けと言われるけどね(笑)

 

瀕死の状態の時に、そんなこと言われたら笑えないですよ。。。確実にミャンマー嫌いになると思う。

 

事故だけは絶対に避けなければいけない。

 

でも起きたら、最も近くの教えてくれた公立病院へ行くことで助かる確率上がりました!後、他に注意点はありますか?

 

公立病院の警察官は英語が可能ですが、こういったケースで誤解は避けたいのでミャンマー語の通訳がいると心強いと思いますよ。

 

病院へ移動中にいろいろと相談できる保険会社、手配できる通訳会社、会社の同僚、日本語できる友達など、日頃から携帯電話に登録しておき、大切にしたいですね。

 

今から誰に頼むか、二つの選択肢は選んで準備しておいたほうが良いです。保険会社は病院のお金を出してくれるだけでなく、こういう時に通訳の手配や転院できる病院を準備してくれるので本当に助かると思うよ。それも24時間対応してくれるんだからね。

 

ミャンマーは準備が大事ですね。事が起きてから慌てても良い選択はできない。というか選びようがないので、他者に任せてしまう。。。

 

信頼できない他者に自分の身を任せるのは危険です。日本では通用してもここでは通用しません。事故が起きたらどんどん難しいことを選択していかなければいけません。迷っている時間はないんです。

 

今日は凄いタメになりました!でも。。。もし、道を歩いて車にひかれて、ひいたドライバーさんが良い人で病院へ連れて行きます!という申し出があったらどう対処したらいいんだろうか?

 

フフフ。。。それあるね。次回はDr.ミント流「道でひかれました編」をお送りします。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com