2月152020

NEW新型コロナウイルス感染者が出ている国への渡航注意(2/15)

2月15日(土)現在の感染数を国別で掲載します(ジョンホプキンス大学参照)。

中国 66,943人

シンガポール 67人

タイ 33人

日本 29人

韓国 28人

===============

マレーシア 19人

台湾 18人

ベトナム 16人

ミャンマー 0人

 

日本はクルーズ船の患者数をカウントすると251人になり、第2位となります。

 

世界的に日本からの渡航者への目は日に日に厳しくなることが予想されます。

 

すでに中国本土からミャンマーへの直行便は運休となっておりますが、東京やバンコクは中国への直行便は多くの数がまだ飛んでいる状況です(2月17日現在も北京・上海・香港~ヤンゴンの直行便が飛んでいます)。

 

<ミント先生から>

ミャンマーから上位5か国への旅行は控えて下さい。

特に機内は密閉された空間ですので、咳などは周囲の人の迷惑になります。

お仕事でどうしても行く場合は、感染予防と健康管理に十分気をつけて下さい。

新型コロナはまだよくわかっていない感染症です。

わからない感染症は最大限罹らないよう予防する努力が必要です。

旅行はいつでも行けます。皆様お体をご自愛ください。

 

ミャンマーへ帰国後に咳と発熱が出た場合はお電話で渡航歴をお伝えください。

何卒ご協力を宜しくお願い致します。

 にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

2月22020

新型コロナウイルス対策による受付対応の変更(2/1)

在ミャンマー日本大使館によるミャンマーの新型コロナウイルス情報の発表が以下ありました。

現在、新型コロナウイルス対策指定病院のWaibargi Hospitalで3名隔離されています。

 

中国からの便はこれから検疫がさらに厳しくなることが予想されます。

 

また、弊院は、2週間以内に中国渡航歴がある患者様に咳の症状がなくてもマスク着用をお願いすることになりました。

また、院内に入った際には、消毒液で指と手への消毒をお願い致します。

予約受付では2月1日~中国の渡航歴を質問致しますので、何卒ご協力をお願い申し上げます。

 

東京クリニックでは完全予約制で2階の日本語専用フロアで邦人患者様の診察をしておりますが、予約が込み合いますと待合室で他の患者様と一緒になる場合がございます。

 

マスクをお配りしておりますので、咳の症状が無くてもマスク着用をお勧めしております。

 

Waibargi Hospital

住所:May Darwi Rd., Corner of Dhama Thukha St., Wai Bar Gi Ward (8),Township :North Okkalapa State :Yangon Region. 連絡先:01-9690118, 01-9690170, 01-9690171, 01-9690174

ご注意:新型コロナウイルスを発症した場合の治療はミャンマー政府指定病院Waibargi Hospitalと定められました。ミャンマーの私立病院では治療及び、入院はできません。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

1月312020

ミャンマー新型コロナウイルス(1/31)

本日、WHO(世界保健機関)より新型コロナウイルスによる肺炎について緊急事態を宣言されました。

 

1月31日現在、死者170人、感染者8000人を超えています。

 

WHOは、中国から周辺国への拡がりを見せた場合、非常に危険でどれくらいの被害が出るか見当もつかないということを述べております。

 

現在ミャンマー政府は、ヤンゴンを含む国際空港3カ所と港湾、中国との国境で、中国からの入国者に対する検査を強化しています。中国人の入国者に対して、健康に関する問診票の記入を義務付けています。

 

そんな中、本日(1月31日)お昼過ぎにヤンゴン国際空港で中国人1名が新型コロナウイルスの疑いで、政府指定病院のWaibargi Hospitalへ搬送されたというニュースがありました。

 

この状況を総合的に判断して、弊院も警戒を1段階レベルアップし対応を致します。

 

患者様へご負担をお掛けすることもあると思いますが、何卒ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

Waibargi Hospital

住所:May Darwi Rd., Corner of Dhama Thukha St., Wai Bar Gi Ward (8),Township :North Okkalapa State :Yangon Region. 連絡先:01-9690118, 01-9690170, 01-9690171, 01-9690174

ご注意:新型コロナウイルスを発症した場合の治療はミャンマー政府指定病院Waibargi Hospitalと定められました。ミャンマーの私立病院では治療及び、入院はできません。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

1月302020

ミャンマー新型コロナウイルスの対応について(1月30日)

ミャンマー保健スポーツ省から新型コロナウイルスの対応策が発表されました。

 

ポイントは咳、熱、くしゃみ、息切れの症状があり、2週間以内に中国武漢市を訪れた場合、以下で説明する政府指定病院での検査及び、治療となります。

検査は日本と同じPCR法による新型コロナウイルスの確定検査が可能とのことです(試薬が何人分あるか不明)。

 

上記に該当する患者様は直接、Waibargi Hospital(ヤンゴン国際空港近く)へ受診をお願い致します。

 

Waibargi Hospital

住所:May Darwi Rd., Corner of Dhama Thukha St., Wai Bar Gi Ward (8),Township :North Okkalapa State :Yangon Region

連絡先:01-9690118, 01-9690170, 01-9690171, 01-9690174

ご注意:新型コロナウイルスを発症した場合の治療はWaibargi Hospitalと定められました。ミャンマーの私立病院では入院治療はできません。

2週間以内に武漢への渡航歴が無い方で症状が出ている方は、最寄りの私立病院、クリニックへご相談ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

1月252020

新型コロナウイルスについて(ミャンマー1月25日)

先生、中国の武漢で発生している新型コロナウイルスは中国政府発表で1月24日(金)感染者830人、死者25人と大変なことになっていますが、どんな病気ですか?

 

SARS(重症急性呼吸器症候群)と似た病気で、コロナウイルスは肺炎を引き起こし、感染者から人に移ります。症状は発熱(37.5度以上)、咳、痰、筋肉痛、だるさ、呼吸困難で息苦しい症状が特徴。新型コロナウイルスに対する抗ウイルス薬、ワクチンはありません。対処療法となりますので、予防が一番大事です。

 

まだミャンマーでは新型コロナウイルスは確認されていませんよね?

 

確認されていませんが、タイに感染者が出ていますので、用心すべき状況です。

 

ミャンマーに上陸する可能性は高いのでしょうか?

 

中国の旧正月1月24日(金)~1月30日(木)でミャンマーへ出稼ぎに来ている中国人労働者が国に一時帰国しています。彼等がミャンマーへ戻る休み明けは警戒すべきです。潜伏期間は2日~12日間と言われていますので2月上旬がターニングポイントと見ています。

 

今から準備する予防対策はありますか?

 

H1N1インフルエンザと同様な対策ですが、飛沫感染と言われているので、手洗いをこまめに、うがい、N95マスク、咳をしている人に近寄らない、人混みに行かない等でしょうか。感染症なので、一番は免疫力を下げないで、免疫力を上げることですが。。。

 

ミャンマー在住者が、免疫を下げる行為でよくやってると思われる先生が気になる行為は何ですか?

 

夜遅くまでお酒をたくさん飲むのは肝臓を弱らせ、免疫力を低下させる危ない行為です。睡眠不足はストレスにも繋がりますので、まだよくわからない新型コロナウイルス感染が沈静するまでは規則正しい生活を心掛けましょう。

 

中国の死亡例を見ると60歳以上、生活習慣病(高血圧、糖尿病、肝硬変など)、感染前に違う病気で治療していた等で若い子達は感染しても完治して退院しているようですが?

 

長い期間、免疫力が落ちている状態で新型コロナウイルスに罹ると重症化しやすいのだと考えられます。いつミャンマーで発生するかわかりませんので、生活習慣病がある方は十分注意してお過ごしください。ミャンマー滞在中は他の感染症も警戒すべきで、やはり病気に感染しないためには免疫力を日頃から上げる努力をすべきでしょう。

 

最後に海外旅行保険に加入していない方は、今からでも不測の事態に保険を備えて下さい。ミャンマーに在住しながら申し込める方法(通常は日本出発前)をお伝えしますので、下記メールまで「海外旅行保険の資料請求」のタイトルでメールを下さい。資料をメールでお送り致します。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします!

「海外旅行保険の資料請求」 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

1月222020

ミント先生と名古屋へ

本年もMyat Mon東京クリニックを宜しくお願い致します。

年末は慌ただしく日本で過ごしました。

 

ミント先生と一緒に名古屋にも行きました。

味噌煮込みうどんとか、あんかけそば等を食べたかったのですが、日帰りの滞在4時間でしたので、食べれませんでしたが。。。

 

名古屋は国際空港と新幹線の乗り継ぎが便利で非常に交通の便がよくどこに行くにもアクセスが容易です。

 

意外と知られてませんが、東京の次にミャンマー人居住者が多い土地です。

今年は東京オリンピックですし、ミャンマーの人達が日本に行く機会も益々増えてくると思います。

 

2020年も引き続きヤンゴンの東京クリニックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

12月182019

Myat Mon東京クリニック本格始動です!

「東京クリニックの場所どこですか?」

 

「近くにいると思うんですけど。。。」

 

この1年半の間、このようなお電話を何度も頂き申し訳ございませんでした。

 

看板があまりに小さく、クリニックを見落としてしまう人が続出。。。

なのになんで大きい看板すぐださないんだーと質問もありましたが。

 

知ってる人は知ってるミャンマーの看板には大人の事情があります。

 

しかし今夜、でかい看板を設置しました!

ラスベガスのカジノ店ではありません。。。

 

ヤンゴンのクリニックです。先生は優しいミャンマー人です(笑)

これくらい派手な看板だと道行く人が眺めています。

 

これで夜来ても迷うことはないでしょう(ご迷惑をお掛けしました)。

 

Myat Mon東京クリニック本格始動です!

 

大きい看板を掲げるだけでやる気になりますねー

 

2020年はTOKYOの年!ここを目標にがんばってきました。

 

日本人の皆様のお役に立てる東南アジアNo.1のクリニックになるよう日々精進します。

 

ヤンゴンで感染する病気は早期発見できれば通院で完治させることができます。2020年も感染症は専門医がいる東京クリニックにお任せください。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

12月22019

ミャンマー限定のメディカルサポートプログラム(プレミアコース)

2019年12月より世界的に海外アシスタントサービスを手掛けるプレステージインターナショナル社がミャンマー限定のメディカルサポートプログラム(プレミアコース)を開始しました!

5大生活習慣病は、悪化すると動脈硬化となり、怖いのは自覚症状があまりないことです。

 

また、認知症(脳血管性)の原因も医学的に動脈硬化が原因として解明されており、65歳以下の若年性認知症の原因トップと言われています。

 

そして放置しておくと脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、狭心症を突然引き起こす元凶で、ミャンマーにおいて生命の危険が伴う最大のリスクです。

 

在ミャンマー日本大使館のホームページにも掲載してありますが、心筋梗塞等は発症するとヤンゴンでは助からない可能性が高いのです。

それではどうすべきか?ということになりますが、持病がある方も無い方もこまめに状態をチェック(検査)をすることで発症リスクを低下させることができます。

 

本プログラムは生活習慣病である①高血圧 ②糖尿病 ③痛風 ④肥満 ⑤肝臓障害を持病としてお持ちの患者様に対して重症化させないことを目的に作られたプログラムです。

 

日本からの持病は海外旅行保険では適用されず、自己負担もしくは国保、健保へ申請して医療費の一部を還付してもらう必要があることからミャンマーでは治療を受けていない方が大勢いることがわかっています。

 

本プログラムは月額$50~の会費で受けることができ、煩雑な国保&健保(海外療養費)への申請書を無料で作成する等多くの特典が含まれています。

 

持病を悪化させない為には、信頼できるDr.の定期的な診察と検査が鍵となります(動脈硬化の定期検査も東京クリニックで簡単に行えます!)。

 

特にお付き合いでのゴルフ&飲酒機会が多い方は、本プログラムを活用してヤンゴンで1ヵ月に1回定期的に受診し、最適な量のお薬をお飲みください。

 

皆様のミャンマーでの健康と安全を全力でサポートしていきます!まずはメールで資料をご請求ください。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

 

11月232019

【10本限定】日本脳炎ワクチンが大幅値下げ

10本限定で日本脳炎ワクチンが大幅に値下げしました。

 

US$80$40(サービス料込)

ワクチン名:IMOJEV

 

メーカー:Sanofi Pasteur(フランス)

 

生産国:タイ

 

回数:1回

 

タイプ:生ワクチン

 

持続期間:3年

 

日本で予防接種すると1本10,000円ぐらいします。

 

日本でも日本脳炎ワクチンは不足傾向です。

 

日本脳炎は西日本(九州、四国)での感染リスクがあり、ヤンゴンでも感染します。

 

ウイルスを持った豚に蚊が吸血し、その蚊が人間を刺すと感染します。

 

症状:高熱・頭痛・嘔吐・けいれん・意識障害・麻痺・脳炎症状など

 

免疫力が落ちている状態で感染しやすく、発症すると致死率が20%もある危険な感染症です。

 

治療法は特効薬はなく対処療法だけとなります。

 

幼少時代の基礎接種が完了していても、ミャンマー渡航には追加接種を勧めています。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村  ←応援クリックお願いします。

Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com

11月112019

11月11日(月)休診!12日(火)午前中空いてます♪

ミャンマーの祝日多いですねー

 

東京クリニックも11日(月)だけはスタッフの為に丸1日お休みをさせて頂きます。

 

翌日の12日(火)午前診だけとなります。

 

12日午前のご予約はメール(mm.tokyoclinic@gmail.com)で受付していますので、御連絡ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いします!

Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com