8月92021

一時帰国のご検討をお願い致します。

ミャンマーは8月15日まで公休日が延長されましたが、現状を考えますと1週間で好転するとは考えにくいです。

 

感染拡大を抑え、死者数を減らすには家に引き籠るしか方法はありません(シンプルですが、予防策としては非常に効果があります)。

 

今、ヤンゴンで普通の生活に戻すとかなりの確率で感染することが予想されます。

 

下記に該当する方は特に一時帰国のご検討を再度お願い致します。

65歳以上、悪性腫瘍、慢性腎臓病、2型糖尿病、心不全、高血圧、肥満(BMI30以上)、脂質異常症、COPD(慢性閉塞性肺疾患 )、喫煙など (厚生労働省 新型コロナ診療手引きより抜粋)

上記の方は新型コロナ感染で重症化しやすい傾向があることがわかっています。また、交代で新たにミャンマーへ駐在員を派遣する場合(20~30代の死亡率は0.1%)の参考にして頂ければ幸いです。

 

その他、持病をお持ちの方へ、いつも飲んでいる医薬品が手に入り難くなってきており、値段も上昇していますので、お薬の確保が十分でない場合も一時帰国をご検討ください。

 

8月20日(金)のANA便は、8月11日(水)までに予約が必要です。

 

現在のミャンマーは新型コロナ対策で必要な予防薬、治療薬、酸素、病院ベッドが圧倒的に不足しています。

 

健康な方でも帰国が可能なら一時的に日本への退避を再度ご検討ください。

 

ミャンマーに残られると決めた場合、感染対策は十分過ぎるほど行って下さい。

 

いつも皆様のそばにいられる様、これからも東京クリニックはできる限りのことをしていく所存です。

 

何かございましたらいつでも御相談ください。

 

緊急の場合を除いてメールでの連絡ご協力を引き続きお願い申し上げます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! 東京クリニックへの相談はこちらへ→  e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com