9月172020

スーパーコンピュータ「富岳」の室内環境における飛沫感染対策!

スーパーコンピュータ「富岳」の室内環境における飛沫感染を分析した動画が参考になりましたのでご紹介いたします。

(画像クリックで動画ページへ移動します。時間が無い方は、下に動画の要約を簡単にしました。)

 

●人の混雑してる場所は避けたほうが良い?

人の過密状態は避けることが重要で、飛沫は約3m飛ぶ。マイクロ飛沫は空気に漂う。避けられない場合は窓を開けることが重要。

 

●マスクは意味ない?

富岳A: マスクは他人への感染抑制だけでなく、人から感染をもらわない抑制効果がある(特にN95等の医療用は効果あり)。しかし、極小の飛沫は侵入してしまう可能性があり100%感染防止は不可能。

 

●窓は開けたら良いのか?

富岳A: 窓は数か所開けて全開にするのが感染予防に効果。窓は少しでも開けると効果ある。

 

●オフィスのエアコンは消した方が良いのか?

富岳A: エアコンをつけて空気を循環させることで、室内の換気はすすむ。

 

●パーティション効果は?

富岳A: パーティションを席につける場合は高さ140㎝で飛沫が顔に直接かからないので感染を抑制する効果がある。

 

●湿度は高い方が良いの?

富岳A: 部屋の湿度が高いとウイルスは地面に落ちやすいので、飛沫感染が少なくなる。

 

●動画の感想

飛沫は約3メートル飛びますが、マスク着用、パーティション(フェイスシールド)、部屋の窓を開けて、エアコンをつけて空気を循環させ、部屋の湿度を上げることでかなり感染予防効果があるのではないでしょうか?弊院もほぼ同じような対策はしていましたが、この動画であらたに1つ対策を加えることになりました。

 

ミャンマーの人はエアコン大好きなので、複数の人といる時も部屋を閉め切ってエアコン全開にしてるケースが多いと思います。できる限り窓を開けるように注意喚起してあげて下さい。この情報が誰かのお役に立ちますように、そして1日でも早くコロナが終息することを願っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←Dr.ミントへの応援クリックお願いします!