9月162018

《Dr.ミントQ&A》ミャンマーのインフルエンザ事情

雨季もそろそろ終わりそうですが、ヤンゴンのインフルエンザは雨季に流行するイメージですが実際どうなんでしょうか?

インフルエンザの流行は例年5月頃から始まり10月初旬頃には終息する感じかな。毎年8月頃に保健省発表で今年はインフルエンザA型が流行ってるとアナウンスがあるんだけど今年は無かったような?

今年は流行らなかったんですかね?

例年よりは少なかったイメージかな?昨年は新型インフル騒動 (H1N1) もあったしね。

あれも7月~8月でしたね。ヤンゴン市民の大半がマスク着用して異様な光景でしたが「やればできるじゃん!」って凄い思いましたけど、今じゃ咳していても誰もマスクしないので、これじゃ移し放題ですよ。

あの時にもう少しインフルエンザについて正しい知識が国民に広がっていれば公衆衛生向上に繋がったかもしれない。病院もあれを教訓に風邪とインフルエンザを区別して診断するようになると思ったが。。。

ミャンマーの病院は風邪もインフルエンザも同じなんですか??

残念だけど、インフルエンザ検査キットもないしタミフルのような抗インフルエンザ薬もないところが多いんだよ。タミフルは発熱から早めに飲むことで約2日ぐらい早く完治します。日本の皆様には一般的な治療薬ですがミャンマーでは処方する病院少ないよ。一般の風邪とインフルエンザを分けて考えてないとしかいいようがない。

タミフルないんですか??それじゃインフルエンザで何を処方するんですか?

解熱鎮痛剤のパラセタモールと抗生剤を処方するのが一般的です。

日本の正露丸のようにお腹壊したら飲むような。ミャンマーでは熱が出たらパラセタモール!昔なんども飲まされた記憶があります(笑)

パラセタモールは熱を下げる薬、タミフルは直接ウイルスを殺す薬なので違うんだけどね。

それじゃタミフル飲むとウイルス殺しまくってくれるんで、重症化せず軽度で済むということですか?

そうです。インフルエンザは重症化すると肺炎を引き起こし、免疫力の弱い子供、お年寄りは非常に危険です。発熱後、早めにタミフルを飲むことでウイルスが体内に増殖するのを防げるから効くんです。

そんなに良い薬なのになぜミャンマーで広まらないのでしょうか?副作用が強いからですか?

副作用の話ではありません。副作用ならパラセタモールも同じように少なからずありますので、熱があり薬を投与した場合、小さいお子様の場合、誰かついてあげて下さい。ミャンマーでタミフルが広まらない理由は経済的な問題だと考えます。タミフル薬が高いのと、インフルエンザは免疫の力で時間が経てば自然治癒する病気だからです。健康な成人であれば5日間ぐらい我慢すれば治りますからね。自然治癒なら無料でしょう?(笑)

日本人でもそういう人いますね。でも熱が40度近くまで上昇したら危ないですよね。

危ないですよ。免疫力が弱いなら肺炎や脳炎を引き起こします。日本でもインフエンザが引き金となり、その後亡くなるケースは年間1万いるといわれてるではないですか?持病がある方や、お年寄りお子様は自然治癒なんて真似しないでください。

ミャンマーでのインフルエンザ対策はどうすればいいですか?

まず予防接種です。流行する前の4月終わり~5月初めぐらいがいいでしょう。2歳~弊院で予防接種が可能です。接種後1週間程度で抗体ができます。持続期間は3~5カ月です。特に集団感染が怖い感染症ですので、学校や工場にいるかたは打った方が良いです。

*インフルエンザ・ワクチン(VaxiGrip)

このインフルエンザ予防接種は、新型インフルエンザ(H1N1)にも効果があるんですか?

弊院のワクチンVaxiGripはインフルエンザA、インフルエンザB、新型インフルエンザ(H1N1)に効果が認められています。あの騒動の時、H1N1に効果があると知れ渡り、急激に値上がりして在庫が不足しました。

*一般社団法人・日本旅行医学会ページより抜粋

リオ・オリンピックの選手達が打ったワクチンなんですね。インフルエンザAとBの両方に効果があるなら10月~日本に帰国する人にも効果あるんですか?

ミャンマーは10月ぐらいでインフルエンザ終わりますが、日本は10月からですよね。ミャンマーと日本を行き来している方は1年中インフルエンザの感染リスクがありますので、年2回(4月と10月)の予防接種をお勧めします。このワクチンは北半球、南半球に関係なく効くのでミャンマーにいても日本にいても効果が期待できます。まあ罹ったとしても重症化しないことが多いです。

日本の冬に備えてインフルエンザ予防接種は考えたことなかったです。年末年始に帰ると温暖差が激しくてよく風邪引くんですが、インフルエンザなんかなったら折角の日本滞在が台無しです。受験生は特に注意しないといけないから日本帰国1週間前に打って備えた方がいいですね。

日本でもミャンマーでもインフルエンザ対策はうがい、手洗いの基本は同じだけどね。最後にミャンマーでは家に入る前に足も洗いましょうね。

なんかそれ聞いたことあります。なぜですか?

サンダルだと足が汚れるだけでなくインフルエンザ・ウイルスが足に付着してる可能性があるんだよ。例の赤いのペッペッやってるでしょ。あれも風にゆられて足に付着すると憂鬱になるよね。足洗わないで部屋にそのままにしてるとエアコンの風に乗ってウイルス舞い上がるからね。吸い込んで感染したら嫌でしょ。

それミャンマー人しか気がつかない発想(笑)それなら日本だと足からインフルエンザ感染するのは山下清ぐらいなもんですね。

誰それ???ミャンマーではうがい、手洗い、足洗いを実践して下さい。万が一発熱したらインフルエンザ検査キット、抗インフルエンザ薬がある病院で早めに受診しましょう。発熱は他の病気の始まりかもしれないので、ミャンマーでは十分に用心して下さい。

*インフルエンザ検査キット

 にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com