4月242020

ベトナム新型コロナ封じ込め成功!

ベトナムは新型コロナ対策が成功して、昨日23日から外出禁止が一部解除されました。

新規患者が1週間ゼロだった(再陽性1名)ことにより4月1日から実施した措置が23日間で解除となったようです。

 

ベトナムが新型コロナを封じ込められた要因を分析するのが今日のテーマです。

 

ベトナム人口9600万人とミャンマーの約2倍、感染者は4月23日でミャンマーの約2倍。

ベトナムでは1月中頃すでに感染者が国内で確認、ミャンマーは3月末頃確認(2か月のタイムラグ)

 

ベトナムは旧正月明け、すぐに学校休校、中国等フライト停止、外国人への観光ビザ停止、イベント中止など対策に乗り出すのが早かった。

 

時期の違いはあるが、ミャンマーも国内感染者が出た直後、すぐに動いたことでベトナムと同じ状況です。

 

ただ一つだけ大きな違いが「ベトナム政府は,海外に住むベトナム人(学生,労働者,越僑)の帰国を最大限制限している」ことです(やはりミャンマーの出稼ぎ海外労働者の帰郷問題がカギ)。

 

まずはベトナムのように飲食店で座って食べられる日が来るのを楽しみに待ちながら自分の予防対策に集中することがミャンマーを助けることに繋がると思います。

 

これからも新型コロナ感染予防対策の情報を配信していきます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! 感染症専門医Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com