3月302020

ミント先生 in JICA

3月23日(月)サクラタワー内にあるJICA事務所で医療セミナーを行いました。

ミャンマー人スタッフ向けでテーマは「健康診断を病気予防に活かす」でした。

 

ミャンマーの人々の多くは、症状がない、日常生活上問題ないことから健康診断で引っかかっても受診や自己管理を疎かにして放置する傾向にあります。

 

悪い状態を放置することで、年々状態は悪化し、取り返しのつかないことになるし、早期発見、早期治療で、経済的にも負担が軽くすむことを伝えることが目的です。

 

検査結果から高脂血症、糖尿、肥満、肝機能異常、高血圧と日本と同様に生活習慣病が多くみられるのですが、日本ほど初期段階で治療対処する人は極めて少ないです。

 

そこで、関心をもってもらう為にミャンマーの死亡原因を説明しました。

ミャンマーの死亡原因は、脳(脳卒中等)と心臓(冠状動脈性心疾患)、肺疾患、肝臓疾患、糖尿病が多い(ほぼ全て生活習慣に関係している)。

検査項目と病気が一致していない方が多いようでしたので、ミント先生が一生懸命説明していました

 

例:Gout(痛風)はUric Acid(尿酸値)で調べられます等

定期健康診断→早期発見→早期治療→健康的な生活を実現しましょうという内容を説明しました。

 

説明が終わった後に質問コーナーを設けていたのですが、やはり新型コロナとの関係性や予防方法の質問が多く、新型コロナについては非常に関心が高いことに驚きました(日本人の数倍の関心度で、リアルに恐れています)。

 

1時間があっという間に過ぎても質問が終わらないので、「かつてミャンマーの人達がこんなに予防医学に関心を持つことがあったでしょうか?」と先生はニコニコしながら言っていました。

いよいよ新型コロナの影が近づいてきているミャンマーですので、今後は予防情報を中心に発信していきます。ご期待くださいませ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! 感染症専門医Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com