3月62020

新型コロナウイルスの症状と特徴

中国の約5万人の感染者からデータによる新型コロナウイルスの特徴です。

 

●発熱87.9% ●咳67.7% ●けん怠感38.1% ●痰33.4% ●息切れ18.6% ●喉の痛み13.9% ●頭痛13.6% その他の症状としては吐き気、食欲不振、下痢、胸の不快感、呼吸困難、鼻水、筋肉痛、意識障害などが報告されています。

 

このような症状が出たらすぐに病院へ行ってください。日本のように感染が広がっている状態ではないので、院内感染のリスクは低いです。風邪であれば、早めに治療して周囲への不安を与えないようにして下さい(ミャンマーの人達も日本の感染者が多いことを知っています)。

 

最も多いパターンは37度5分くらいの微熱が続き、咳が出るが空咳になる。

 

空咳とは… 痰の出ない、また切れない咳、人の注意を引いたりするために、わざとする咳。

 

インフルエンザにも似ているので新型コロナ検査(PCR法)をしなければ初期段階では見分けがつきません(現在ミャンマーでは国営ラボのみ可で自由に検査できません)。インフルエンザ検査ができる病院へ行く必要があります。

 

空咳しているインフル陰性だと次は肺炎症状が出ているか、レントゲンを撮り分析することになります。

 

しかし、肺に軽度の炎症が見られる程度では風邪か、タバコ、シーシャの吸い過ぎか判断が難しいので、薬を処方して自宅で安静にしてもらいます。

 

自宅待機中に、強い倦怠感、息切れ(呼吸困難)症状が出始めたら、もう一度レントゲンを撮り、肺炎が確認できれば新型コロナを疑う必要が出てきます。

 

Dr.ミントから

今は風邪程度で会社を休む程ではないと自己判断しないで下さい。もし新型コロナであれば、職場の同僚、取引先の担当者にうつしてしまう可能性があります(感染力は強いですから)。危惧していることは持病を持たれている方にうつしてしまうと重症化しやすく非常に危険です。医師から仕事を休んでくださいと言われたら、仕事を休んでください。人によっては肺炎を起こし多臓器不全まで行き死に至らしめる病気です。警戒を強めて予防に努めてください。今は経済より健康最優先でおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! 感染症専門医Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com