3月22020

中国衛生局が新型コロナの空気感染(エアロゾル感染)を認める?

中国衛生局は「閉鎖された環境で長時間高濃度のウイルスの粒子を吸った場合、新型コロナに感染する(エアロゾル感染)」と正式に発表しました(中国の勇気ある医師と看護師の注意喚起に感謝します)。

 

最近の新型コロナが蔓延している武漢の映像を見ると一般市民の多くがゴーグルを着用しています。

この画像は武漢のスーパーマーケット前ですが、多くの人がゴーグルしています。「目は口ほどに物を言う」 諺の意味:言葉に出さなくても、目の表情で相手に伝えることができる。 また、言葉でうまくごまかしても、目に本心が表れるものである。

 

目は呼吸していますので、口と鼻だけ抑えていても目からウイルスが侵入してきます(耳は構造上、ウイルスは侵入できないそうです)。

 

「新型コロナ」感染確認の3人 大阪でライブに参加…集団感染か

2月15日大阪のライブハウス(100人規模)でコロナウイルスの集団感染が起きました。このライブは複数のバンドが出演し、15:30~19:30(4時間)開催されました。その結果、ライブ客3名(大阪在住2名、高知在住の看護師1名)が感染したことが確認されたそうです。

空気感染症は、密室が危険です。感染源はこの看護師と見られているようですが、コロナ感染で危険な場所の一つは感染症対策をしていない病院であることは間違いないでしょう(中国医療関係者3,000人感染、医師6人死亡)。

 

今日現在、これだけの感染者が出ていても地方の総合病院では、普通にお見舞いとかできてしまうし、病院内に入るのにマスクもしないで入れる病院があるようです(これでは被害が拡大します)。

 

日本は寒いので、病院内に暖房を入れて密室の状態にしており、ウイルスが喜ぶ環境になりやすいと考えられます。

 

追伸…3月4日までにこの大阪のライブハウスから合計11人が感染したことがわかっています(感染力が強いことは事実ですので、人が多く集まる密閉した空間には行かないで下さい。)

 

最後に… このブログは、決して不安を煽ってるわけではありません。新型コロナウイルスの正体がまだ判然としない、薬が開発されてない現状から、いま考えうるリスク、情報をお伝えしています。もちろん私達も、ここに書いている懸念ができるだけ取り越し苦労に終わり一日も早く普通の生活を取り戻せることを祈っています。ただ、ミャンマーで暮らす邦人の皆様の健康と安全、これ以上世界に拡大しないことを願い、医療機関として情報発信させていただいていることをご理解いただけると幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! 感染症専門医Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com