2月252020

新型コロナで日本人の渡航制限が始まっています。(2/25)

世界をビザなしで行ける便利な日本パスポートですが、新型コロナウイルスによる渡航制限が始まっています。

 

2月24日イスラエル政府は日本からイスラエルに訪れる外国人で2週間以内に日本滞在をした人はすべて入国拒否することを発表しました(日本から帰国したイスラエル人及び、居住者に対して14日間の自宅待機を義務付けました)。

 

隣のタイでは、日本から戻ってきた邦人に対して、入国後14日間公共の場への外出自粛を求められています(日本への不要不急の渡航禁止)。

 

インドネシアは、発熱やせきの症状などがみられた日本人の入国を拒否しました。

 

ブラジルも、日本からの渡航者は、空港で発熱やせきの症状がみられる人を「感染疑い例」とみなし、重症なら強制的に隔離されます。

 

ミクロネシア連邦、キリバス、サモア、ツバルは、日本を「高リスク国」と認定。感染の危険の少ない国に一定期間滞在したうえで入国することが条件です(サモアは、ウイルス検査の結果の提示が必要です)

 

日本の新型コロナ感染拡大による各国の対応です。

(画像:感染者が出たエリアのウイルス除菌作業)

 

今後、日本の感染が拡大していけばイスラエルと同じ決定をする国が出てくると予想されます。

 

状況は日に日に変化しており、ミャンマー政府の対応を注視する必要があります。

 

ミャンマーから海外へ渡航する場合(日本含む)、渡航する国の情報を確認して下さい。

 

(追記)2月28日インドが日本人へのビザ発給を停止しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com