1月312020

ミャンマー新型コロナウイルス(1/31)

本日、WHO(世界保健機関)より新型コロナウイルスによる肺炎について緊急事態を宣言されました。

 

1月31日現在、死者170人、感染者8000人を超えています。

 

WHOは、中国から周辺国への拡がりを見せた場合、非常に危険でどれくらいの被害が出るか見当もつかないということを述べております。

 

現在ミャンマー政府は、ヤンゴンを含む国際空港3カ所と港湾、中国との国境で、中国からの入国者に対する検査を強化しています。中国人の入国者に対して、健康に関する問診票の記入を義務付けています。

 

そんな中、本日(1月31日)お昼過ぎにヤンゴン国際空港で中国人1名が新型コロナウイルスの疑いで、政府指定病院のWaibargi Hospitalへ搬送されたというニュースがありました。

 

この状況を総合的に判断して、弊院も警戒を1段階レベルアップし対応を致します。

 

患者様へご負担をお掛けすることもあると思いますが、何卒ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

Waibargi Hospital

住所:May Darwi Rd., Corner of Dhama Thukha St., Wai Bar Gi Ward (8),Township :North Okkalapa State :Yangon Region. 連絡先:01-9690118, 01-9690170, 01-9690171, 01-9690174

ご注意:新型コロナウイルスを発症した場合の治療はミャンマー政府指定病院Waibargi Hospitalと定められました。ミャンマーの私立病院では治療及び、入院はできません。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村←応援クリックお願いします! Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com