11月272018

ヤンゴンでの発熱が危険な理由とは?

先生、高熱で来院される方多いですね。でも、どうして人間は熱が出るんですか?

 

人の体内にウイルスが侵入すると脳が熱を上げた方がよいと体に指示を出すからだよ。

 

ということは本能でウイルスを撃退するために熱を自分で上げてるんですか?

 

そうですよ。だから発熱は「ウイルスが侵入しましたよ!」というサインなんだ。

 

警報アラームみたいですね(笑)

 

アラーム鳴ってるのに止めないで二度寝する人多いよね?

 

先生それって、熱が出たらすぐに病院来ない人が多いということを言いたいんですか?

 

はい。どうして日本人の多くは、3~4日も熱を我慢して悪化させてから来るんでしょうか?

 

それは、風邪の熱なら市販薬飲んで2~3日で治ることが多いので、その成功体験があるからだと思います(笑)それと、ミャンマーの病院が怖いから。。。

 

ここは日本じゃないんですよ。ミャンマーは発熱から始まる怖い病気が日常にあるんです。

 

ミャンマーの日常には、病院の怖い噂話もあるんです!

 

うちの病院も怖いの??

来られたことの無い人はそう思ってる人もいると思います。でもがっかりしないで下さい。先生の治療を受けた患者様から周囲の方にお話をしてくれていますから(笑)

 

病院の衛生面に配慮し、日本の大学で学んだ医療知識をベースにスタッフの教育にも力を入れていますので、ご安心ください。

 

日本の皆様よろしくお願いします。それでは先生!気を取り直して下さい。発熱から始まるミャンマーの怖い病気は何ですか?

 

代表はデング熱とチフスの二つ!

 

弊院はデング熱とチフス合わせたら風邪&インフルエンザと同じくらい患者さん多い。。。

 

その熱が本当に風邪やインフルエンザならまだいいけど、デングかチフスなら3~4日治療が遅れることで治療が難しくなり入院しなくてはいけない事態になりかねません。

 

デング熱と腸チフスが悪化して出血が始まると命の危険まで出るんですよね?

 

はい。だから出血させない初期の処置治療を発症から早めにする必要があります。

 

デング熱と腸チフスは、早めに病院へ行き、治療を開始できたら悪化しないんですか?

 

ほとんどのケースはDr.が適切な治療と投薬をしたら入院する必要ないよ。でもその条件は発症から早めに治療を開始することです。

 

「日本の風邪薬飲んで様子見!」の習慣がある日本人は。。。よく入院してますね。

 

早く見つけられない医師にも問題があることは承知していますが、発熱はウイルス侵入のサインであることを覚えておいて下さい。ここはミャンマー!ウイルスの宝庫です。

 

他にどんな病気がありますか?

 

ウイルス性は、チクングニア熱、マラリア、日本脳炎、ジカウイルス、新型インフルエンザ(H1N1)等、それに暑いミャンマーは熱中症と意外に多いのは細菌による膀胱炎(おしっこの感染症)です。

 

発熱と関係ある感染症これだけあるんですか?日本では聞いたことのない病名が多く、ここは日本の常識や判断が通用しないことがわかります。

 

ミャンマーでは発熱したら信頼あるDr.へ早めに受診するよう心がけて下さい。

 

はい。日本へ帰国したいときに自由に帰れるならいいですが。。。先立つものや時間が無いと無理ですね。総合病院の入院はミャンマーも高額です。ミャンマーに長く滞在するなら最悪の場合を想定して、医療費の貯金をしておくか、各種保険に加入しておくか備えは必要です。でも、入院はできるだけ避けるべきだと思いますが。。。

 

ミャンマーでは入院しないよう早めにクリニックで受診。これを実践するだけでもリスク回避につながりますので、熱が出たらすぐにご相談ください。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村 Dr.ミントへの質問を募集しております。 e-mail: mm.tokyoclinic@gmail.com